村上佳菜子、『グッドワイフ』でドラマ初出演 「アクセルが決まったときくらいの達成感」

村上佳菜子、『グッドワイフ』でドラマ初出演 「アクセルが決まったときくらいの達成感」

 TBS日曜劇場『グッドワイフ』の第2話に、プロフィギュアスケーター・村上佳菜子が出演することが決定した。

 本作は、リドリー・スコットが製作総指揮を務め、アメリカで放送された『グッドワイフ』が原作。16年間家庭に尽くし専業主婦をしてきた杏子の夫・壮一郎が、ある日突然、汚職疑惑で逮捕され、同時に女性スキャンダルも発覚。杏子は子供たちを守るために弁護士として復職を決意し、スキャンダルの渦中の妻として世間から向けられる好奇の目、さらに、弁護士としての16年のブランクに悪戦苦闘する日々を描く。

 『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』(TBS系/2000年)以来19年ぶりに日曜劇場で主演を務める常盤貴子をはじめ、小泉孝太郎、水原希子、北村匠海、滝藤賢一、賀来千香子、吉田鋼太郎、唐沢寿明、相武紗季が出演する。

 ドラマ初出演となる村上が演じるのは、宝飾店の店員で、常盤演じる蓮見杏子が夫の汚職容疑に対して疑いを深める大事なシーンで登場。今回、役になりきるために知り合いを通じて宝飾店店員の所作や言葉遣いなどのリサーチを事前に重ね、入念に準備し臨んだ。第2話は1月20日の21時から20分拡大で放送される。

村上佳菜子 コメント

ドラマ初出演の感想

ずっとやってみたいなと思っていたので、お声がけいただいたときは本当にうれしかったのですが、とても緊張しました。
フィギュアスケートとはまた全然違う緊張でした。初めての場所ですし、やってきたことが1回のチャンスの中でできるかというスケートの緊張とは全然違ったもので。でも通じるところもあって。自分にとってはすごくいい経験になりましたし、今後のスケートにつなげられたらいいなと思いました。

実際にドラマの演技をしてみて

フィギュアスケートも演技をするのですが、言葉を発して表現するのは本当に初めてだったので、同じ“表現する”ということでも全く違うなと感じました。

常盤貴子の印象

目力がすごくて、何回か吸い込まれそうになりました。初めてのドラマ撮影なのでそわそわしながら現場に入ったのですが、優しく声をかけていただいて、リラックスしてできました。

今日の演技にあえて点数をつけるとしたら?

自分の演技をまだちゃんと見ていないのでわからないですけど、達成感としてはわりと頑張ったかなと思います。70点くらいかな?(笑)感覚としては良かったのかな、と思います。私はダブルアクセルが苦手なのですが、アクセルが決まったときくらいの達成感はありました(笑)。

プロデュース・東仲恵吾 コメント

村上佳菜子さんがフィギュアスケートで魅せる表現力を、ぜひドラマでも披露していただきたいと思い、お願いしました。初めてとは思えない見事な演じっぷりで、とても魅力的なキャラクターに仕上げてくださいました。ぜひご覧ください。

■放送情報
日曜劇場『グッドワイフ』
TBS系にて、2019年1月13日(日)スタート 毎週日曜21:00〜21:54
出演:常盤貴子、小泉孝太郎、水原希子、北村匠海、滝藤賢一、賀来千香子、吉田鋼太郎、唐沢寿明
脚本:篠崎絵里子
チーフプロデュース:瀬戸口克陽
プロデュース:東仲恵吾
演出:塚原あゆ子ほか
原作:based on “The Good Wife” produced in the United States by CBS Television Studios in association with Scott Free Productions and King Size Productions, and distributed by CBS Television Distribution” 
制作:TBS
(c)TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/the_good_wife2019/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる