>  >  > 佐久間由衣、『SUITS』で天才ハッカーに

佐久間由衣、天才ハッカーに 『SUITS/スーツ』中島裕翔の危機を救う

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回の放送で、熱い友情のもとに、親友である遊星(磯村勇斗)との別れを選んだ大輔(中島裕翔)。『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)第6話では、友との別れを乗り越え、甲斐(織田裕二)のもとで順風満帆な弁護士修行を行っていた大輔に、新たな危機が訪れた。

 大輔(中島裕翔)は、甲斐から、リゾート開発会社『アテナリゾート』の藤原一輝(大澄賢也)の案件を任される。藤原の娘で大学院生の華名(佐久間由衣)が、社員証を偽造して父親の会社に侵入し、会社の口座から1億円以上を別口座に移していたのだという。大輔が華名に会いに行くと、華名は、『アテナリゾート』が不都合な環境予測データを隠蔽して、人口500人ほどの小さな島にホテルを立てたことが許せないと説明。親子を和解させようと大輔が2人を対面させるが、2人は会った直後に怒鳴り合い、溝は深まっていくばかり。華名は「パパはいつもそうやってごまかして逃げてばっかじゃん。いつもそう、ママが死んだ時もそうだった」と吐き捨てて、去ってしまう。

 さらに華名は、後日、大輔の元へ。「『鈴木大貴』それがあなたの本名でしょ」と、大輔が経歴を詐称していることがバレてしまっており、『アテナリゾート』の件から手を引かなければ、バラすと脅されてしまう。さらに、その会話を大輔と同じアソシエイトの館山健斗(岩井拳士朗)が盗み聞きしていた。

      

「佐久間由衣、天才ハッカーに 『SUITS/スーツ』中島裕翔の危機を救う」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版