>  >  > 命をテーマに落語を描いた『昭和元禄落語心中』

岡田将生と竜星涼が交わした3つの約束 『昭和元禄落語心中』は“落語”と“命”をテーマに

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKドラマ10『昭和元禄落語心中』が10月12日に初回放送を迎えた。本作は、岡田将生、竜星涼、山崎育三郎が本格的な落語に挑戦することでも話題となっていた。また、原作コミックは累計200万部を突破、関智一、石田彰、山寺宏一らが声優を務めたアニメもヒットを記録しており、満を持しての実写化に期待が高まっていた。

 舞台は昭和50年代の東京。刑務所帰りの元ヤクザ・与太郎(竜星涼)と八代目遊楽亭八雲(岡田将生)との出会いから始まる。八雲の落語に惚れ込んだ与太郎は弟子入りを申し込む。弟子を取らないことで有名だった八雲だが、与太郎の申し入れをすんなりと受け入れる。

 与太郎は、八雲と小夏(成海璃子)と生活を送るうちに、かつて八雲とともに落語界の一時代を築いた天才・二代目遊楽亭助六(山崎育三郎)の存在を知る。小夏の実父でもある助六の落語は、人懐っこくて温かみのあるもので、冷淡で技術も頭を使う八雲の落語とは正反対だった。助六は早くして妻のみよ吉(大政絢)とともに亡くなっていた。

 本作のテーマは“落語”と“命”の2つ。戦前のまだ娯楽が少なかった時代、落語は絶頂期を迎えていた。人々が寄席へ足を運び、老若男女誰もが笑う、そんな時代を生きた八雲だが、自分の芸を後世に残そうとは考えていなかった。

 八雲は与太郎に3つの約束を課す。1つ目は「八雲と助六の落語を全て覚えること」。2つ目は「助六と果たせなかった落語の生き延びる道を作ろう」というもの。八雲は、この約束をどちらか1人が欠けたとしてもできない事だと言う。そして3つ目は「自分より先に死なないこと」だった。

      

「岡田将生と竜星涼が交わした3つの約束 『昭和元禄落語心中』は“落語”と“命”をテーマに」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版