>  >  > 『ビブリア古書堂の事件手帖』予告編

黒木華が何者かに襲われるシーンも 『ビブリア古書堂の事件手帖』サザンの主題歌流れる予告編公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月1日公開の映画『ビブリア古書堂の事件手帖』の予告編が公開された。

 作家・三上延による小説『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズを映画化する本作は、鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂を舞台に、その店主である篠川栞子が古書にまつわる数々の謎と秘密を解き明かしていくミステリー。『幼な子われらに生まれ』『少女』の三島有紀子がメガホンを取る。

 過去の出来事から本を読めなくなった大輔は、亡き祖母の遺品・夏目漱石の『それから』に記された著者のサインの真偽を確かめるため、栞子の元を訪れる。極度の人見知りだが、本に関しては人一倍の情熱と知識を持つ栞子は、ひとたび本を手にすると、その驚くべき推理力によって、その本には祖母が死ぬまで守りたかった“秘密”が隠されていると推理する。

『ビブリア古書堂の事件手帖』予告編

 今回公開された予告編では、本を手にした栞子が可憐に謎解きをする姿から、本編で初公開となる、栞子が何者かに襲われるシーン、そして、大輔が栞子の名を叫びながら自転車で疾走するシーンなど、本をめぐって交差する複数のストーリーが描かれる。また、今年デビュー40周年を迎えたサザンオールスターズの主題歌「北鎌倉の思い出」も確認できる。

■公開情報
『ビブリア古書堂の事件手帖』
11月1日(木)、全国ロードショー
出演:黒木華、野村周平、成田凌、夏帆、東出昌大
原作:三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
監督:三島有紀子
脚本:渡部亮平、松井香奈
主題歌:サザンオールスターズ「北鎌倉の思い出」(タイシタレーベル/ビクターエンタテインメント)
配給:20世紀フォックス映画、KADOKAWA
(c)2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会
公式サイト:biblia-movie.jp

「黒木華が何者かに襲われるシーンも 『ビブリア古書堂の事件手帖』サザンの主題歌流れる予告編公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版