森崎ウィン、『ハゲタカ』最終章のキーマンなるか 綾野剛はいよいよメーカー社長に就任

森崎ウィン、『ハゲタカ』最終章のキーマンなるか 綾野剛はいよいよメーカー社長に就任

 そしてもう1人、最終章においてキーマンとなりそうなのが、日光みやびホテル社長の貴子(沢尻エリカ)。みやびホテルは、外資系ホテルグループ、クラウンセンチュリーの傘下に入って8年が経過し、着実に実績を積み上げていた。売り上げ評価ともにクラウン日本支部でもトップクラスの存在だ。貴子は、クラウンから執行役員を打診されるほどの器になっていたが、あくまでみやびホテルの独立を目指すと、鷲津と志を共にした人物。第1話で描かれる1997年より、20年以上もの間、鷲津と貴子は強く惹かれ合い、時に運命が交錯してきたが、深く混じり合うことはなかった。しかし、その際芝野が提案したのが、帝都重工主催のアジア重工連会議をみやびホテルで開催するというもの。芝野は、鷲津にとって貴子と日光みやびホテルが特別な存在であることを知った上で、“鷲津の暴走”を止める任務を貴子に依頼する。それは、日光みやびホテルの独立を勝ち取ると同時に、帝都重工再生、日本経済救済を示す重大な役目だ。

テレビ朝日 木曜ドラマ【ハゲタカ】最終回拡大SP 2018年9月6日(木)よる9時放送

 最終決戦の場となるのは、日光みやびホテル。構図は20年来の因縁の戦い「鷲津 VS 飯島」だ。キーワードは、鷲津自らが提唱した「Scrap & Build」、そして「Scrap & Bird」。鷲津は、帝都重工にとって救世主となるのか、それとも破壊者となるのか。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■渡辺彰浩
1988年生まれ。ライター/編集。2017年1月より、リアルサウンド編集部を経て独立。パンが好き。Twitter

■放送情報
『ハゲタカ』
テレビ朝日系にて、毎週木曜21:00〜放送
原作:真山仁『ハゲタカ』『ハゲタカII』(講談社文庫)
出演:綾野剛、渡部篤郎、沢尻エリカ、池内博之、木南晴夏、堀内敬子、佐倉絵麻、杉本哲太、光石研、小林薫
脚本:古家和尚
監督:和泉聖治
音楽:富貴晴美
主題歌:Mr.Children「SINGLES」(Toy’s Factory)
ゼネラルプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:中川慎子(テレビ朝日)、下山潤(ジャンゴフィルム)
(c)テレビ朝日
公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/hagetaka/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる