天馬の瞳が完全に凍りつく 『花のち晴れ』音と晴の“もどかしさ”を助長する巧みな演出

天馬の瞳が完全に凍りつく 『花のち晴れ』音と晴の“もどかしさ”を助長する巧みな演出

 ところで、4人が観る映画が杉咲の代表作『湯を沸かすほどの熱い愛』をもじった「湯をわかせないほどの冷めた愛」であったり、上映中にポップコーンをぶちまける晴の姿だったり、最高級に“青春”している男子会であったり、逃げる犯人を一撃で倒す愛莉の姿だったりと、楽しい要素が満載だった今回のエピソード。

 その中でも、落書きを消すシーンで音が晴に雑巾の絞り方を教える流れに、このドラマらしいデジャブ的なリンクが感じられた。思い返してみれば、第1話での紺野とのやり取りの中で音は、バイトを始めた頃は雑巾の絞り方もわからなかったと語られていたではないか。さらに、これまで音から晴に向けられていた「しょーもない」のフレーズが、逆に晴の口から音に向けて放たれるシーンも登場。“相性の良さ”という漠然としたシナリオを超えて描かれる、音と晴が互いに影響を与え合う様や、似た境遇に置く演出。ますますこの2人の関係のもどかしさが助長され、いてもたってもいられなくなる。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■久保田和馬
映画ライター。1989年生まれ。現在、監督業準備中。好きな映画監督は、アラン・レネ、アンドレ・カイヤット、ジャン=ガブリエル・アルビコッコ、ルイス・ブニュエル、ロベール・ブレッソンなど。Twitter

■放送情報
『花のち晴れ~花男 Next Season~』
TBS系にて、毎週火曜22:00〜放送
出演:杉咲花、平野紫耀(King & Prince)、中川大志、濱田龍臣、飯豊まりえ、今田美桜、鈴木仁、中田圭祐、反町隆史、佐々木すみ江、デビット伊東、木南晴夏、堀内敬子、テット・ワダ、志賀廣太郎、高岡早紀、滝藤賢一、菊池桃子
原作:神尾葉子『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(集英社『少年ジャンプ+』連載)
脚本:吉田恵里香
音楽:大間々昂
主題歌:「シンデレラガール」/ King & Prince(Johnnys’ Universe)
プロデュース:瀬戸口克陽
協力プロデュース:齊藤彩奈
演出:石井康晴、坪井敏雄、岡本伸吾
製作著作:TBS
(c)TBS
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/hana_hare/
公式Twitter:@hanahare_tbs
公式Instagram:@oto_edogawa

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる