『シグナル』物語は終焉へ 無線機で繋がった坂口健太郎と北村一輝の秘密も明らかに

『シグナル』物語は終焉へ 無線機で繋がった坂口健太郎と北村一輝の秘密も明らかに

 健人の兄との思い出、オムライスに込めた想い、大山とのエピソードなど、心を揺さぶる真実が次々と明かされた第9話。兄の事件に対する健人の怒り、悔しさ、悲しみは計り知れず、坂口の気持ちを押し殺すような表情に胸を切り裂かれる思いになる。

 そして大山を18年間待ち続けた桜井の姿にもまた胸が痛む。署でひとり写真を抱え涙する姿に、大切な人の姿を重ねた視聴者も多いだろう。坂口の演じた学生時代の健人、吉瀬の演じた悲恋に暮れる桜井など、それぞれの役者がこれまでとは違った表情を見せることで、最終回前にしてもなお新鮮な姿を描いていた。

■Nana Numoto
日本大学芸術学部映画学科卒。映画・ファッション系ライター。映像の美術等も手がける。批評同人誌『ヱクリヲ』などに寄稿。Twitter

■放送情報
『シグナル 長期未解決事件捜査班』
カンテレ・フジテレビ系にて、毎週火曜21:00〜放送
出演:坂口健太郎、北村一輝、吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋、甲本雅裕、渡部篤郎
脚本:尾崎将也
演出:内片輝、鈴木浩介
音楽:林ゆうき、橘麻美
プロデューサー:萩原崇(カンテレ)、笠置高弘(カンテレ)、石田麻衣(ホリプロ)
制作著作:カンテレ
(c)関西テレビ
公式サイト:https://www.ktv.jp/signal/index.html

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる