>  >  > 『ブレス しあわせの呼吸』9月公開

アンドリュー・ガーフィールドが全身マヒの英国人に アンディ・サーキス初長編監督作、9月公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ハクソー・リッジ』のアンドリュー・ガーフィールド主演映画『Breathe(原題)』が、『ブレス しあわせの呼吸』の邦題で9月7日より角川シネマ有楽町ほかにて全国公開されることが決まった。

 第71回ロンドン映画祭でオープニングを飾った本作は、1950年代にアフリカでポリオに感染した父親のロビン・カヴェンディッシュとその妻ダイアナの激動の半生を、息子であるジョナサン・カヴェンディッシュが自らプロデューサーを務め映画化したもの。首から下が全身マヒになり、人工呼吸器なしでは自力で息をすることができず、余命数ヶ月を宣告されるも、ポジティブかつエネルギッシュに人生を謳歌したロビンと、彼に無償の愛を注ぎ込んだ妻のダイアナ、支え続けた兄弟や友人たちとの絆を描く。

 主人公ロビンをガーフィールドが演じるほか、ダイアナ役で『ザ・クラウン』のクレア・フォイ、家族を見守る仲間たちとして『プライドと偏見』のトム・ホランダーや『パディントン』のヒュー・ボネヴィルが出演。『レ・ミゼラブル』のウィリアム・ニコルソンが脚本を手がけ、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや『猿の惑星』シリーズのアンディ・サーキスが本作で初長編監督デビューを果たした。

■公開情報
『ブレス しあわせの呼吸』
9月7日(金)角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
監督:アンディ・サーキス
脚本:ウィリアム・ニコルソン
撮影:ロバート・リチャードソン
プロデューサー:ジョナサン・カヴェンディッシュ
出演:アンドリュー・ガーフィールド、クレア・フォイ、ヒュー・ボネヴィル
配給:KADOKAWA
後援:ブリティッシュ・カウンシル
2017/イギリス/英語/カラー/5.1ch/スコープ/118分/字幕翻訳:松浦美奈
(c)2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute.  All Rights Reserved
公式サイト:http://breath-movie.jp

「アンドリュー・ガーフィールドが全身マヒの英国人に アンディ・サーキス初長編監督作、9月公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版