>  >  > 『コンフィデンスマンJP』名作コンゲームに

主要キャストは3人のみ? 『コンフィデンスマンJP』は、名作コンゲームになり得るか

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 “コンフィデンスマン”とは、通称・詐欺師。日本で作られた「詐欺師モノ」の作品には、『クロサギ』(TBS系)や『嘘の戦争』(関西テレビ・フジテレビ系)など、最終的な目的のために、どこか闇を抱えた主人公が嘘を重ね、復讐を果たしていくというイメージがある。そして4月9日より、コメディー要素をふんだんに取り入れ、全く明るい作風に振り切った詐欺コメディー『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)がスタートする。

 本作の主要キャストとして発表されているのは、劇中で“コンフィデンスマン”(信用詐欺師)としてチームを組んでいる、“コンフィデンスウーマン”ダー子役の長澤まさみ、“コンフィデンスマン”ボクちゃん役の東出昌大、“コンフィデンスマン”リチャード役の小日向文世の3人だ。これまでの日本のドラマの流れから考えると、本作であれば、3人の家族や友人、近所の人など、もう何人かレギュラーとなるキャストが発表されてもおかしくないのだが、本作の主要キャストはこの3人のみ。彼らのターゲットとなる欲望にまみれた人物が各回に登場し、壮大な計画で大金を騙し取る、1話完結型ドラマとなっている。既に発表されているゲストには、江口洋介、内村光良、吉瀬美智子らが揃い、騙し合いとともに名演技合戦が繰り広げられるであろうことを予感させる。

 詐欺コメディーという括りからより具体的に本作の題材を探っていくと、“コンゲーム”というジャンルに辿り着く。信用詐欺、取り込み詐欺師、騙し騙され二転三転するストーリーのジャンルを意味する“コンゲーム”作品は、海外で話題作が多く作られている。『スティング』、『ミッション:インポッシブル』シリーズ、『オーシャンズ11』シリーズなど、世界中で長く愛されている作品ばかりだ。

      

「主要キャストは3人のみ? 『コンフィデンスマンJP』は、名作コンゲームになり得るか」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版