>  >  > 『となかぞ』多くの人を救う正義のドラマに

『となかぞ』多くの人を救う正義のドラマに 最終回で提示した“幸せ”への答え

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 待望の子供を授かったものの残念ながら流産してしまった五十嵐奈々(深田恭子)&大器(松山ケンイチ)夫婦。3月22日に放送された『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)最終回第10話は、大器を“パパにしてあげられなかった”悲しみに耐えきれず、奈々が伊豆の実家に戻ってしまった。

 コーポラティブハウスに住む他3家庭が幸せの道を歩み始めていた最中の出来事。離れ離れになってしまった五十嵐夫婦だったが、そんな2人を救ったのは、大器の母・聡子(高畑淳子)の温かい言葉だった。奈々のいる伊豆を訪ねてきた聡子は、大器の元に戻ってきてほしいと猛説得。しかし奈々は、戻ったところで大器に辛い思いをさせてしまうと悩みを打ち明ける。

 結婚だけじゃなく、他人と共存していくことは難しい。友達、恋人、夫婦、家族……人間同士の関係性にはさまざまな肩書きがあるが、相手を思いやれば思いやるほど自分が窮屈になっていく。愛しているがゆえに大器の元に戻れなかった奈々。そんな彼女に聡子は、優しくこう語りかけた。

「嬉しいことや楽しいことは誰とでも共有できるけど、辛いことや悲しいことは一番大事な相手としか共有できないんじゃないの」

 このシーンでは夫婦や結婚についての言葉だったが、未婚の人々にも刺さったであろう。そこに恋愛感情があろうがなかろうが、生きていれば大事にしたい存在に出会うことがある。しかし、好意を持っているからゆえ、思い切って相手の心に踏み込めずにいると、互いの遠慮が逆に距離を生んでしまい、フラストレーションが溜まってしまう。

 聡子の言葉を受け、心を入れ替えた奈々は「会いたくてたまらなくなった」と素直な気持ちとともに大器の胸に飛び込んでいった。赤ちゃんを授かることに重きをおきすぎて、盲点になっていた“出会えた奇跡”を改めて感じる2人。「大好き、大好き……!」と連呼する彼女は、本作を通して一番輝いており、肩の荷が下りたようにも見えた。

      

「『となかぞ』多くの人を救う正義のドラマに 最終回で提示した“幸せ”への答え」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版