>  >  > 菅田将暉、観る者聴く者を魅了する演技の凄み

菅田将暉、観る者聴く者を魅了する演技の凄み 『トドメの接吻』春海役で物語の鍵握る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日曜ドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ)第6話の放送を前に、菅田将暉が歌う主題歌『さよならエレジー』のMVが話題になっている。本作に謎のストリートミュージシャン春海一徳役として、主人公であるホストのエイトこと堂島旺太郎(山崎賢人)に重要なシーンで意味深なアドバイスを残し、存在感を放つ菅田将暉。俳優としての実力を見せつけるだけでなく、音楽活動の幅も広げ、今作主題歌は以前から交友があった石崎ひゅーいが作詞作曲を担当、MVには菅田本人と山崎賢人が出演している。ドラマの世界観をそのまま投影しているが、MVに映る彼らの表情はひたすら美しく、とても切ない。

菅田将暉 『さよならエレジー』

『トドメの接吻』というタイトルそのまま、主人公の山崎賢人演じる旺太郎がキスをした相手を殺してしまう能力(?)を持った宰子(門脇麦)にキスをされて死ぬという度肝を抜く設定の本作。キスをされると男は死ぬのだが、その7日前に遡り生き返ってタイムリープする。そこに12年前に旺太郎の父が船長を努めていたクルーズ船事故の謎が絡み、1つの謎が解けると新たな謎が生まれる展開の読めない物語となっている。

 旺太郎には、海難事故で弟を助けられなかったというつらい過去があり、その事件がきっかけでカネと権力を追い求める男になったのだが、キスで殺す女・宰子の出現により死のループを利用して個人資産100億円の社長令嬢の美尊(新木優子)を落とそうとしている。じつは宰子も、100億の女・美尊も、12年前事故に遭ったクルーズ船に乗っていて、その過去も含めすべての謎を解く鍵を握るのが菅田演じるストリートミュージシャンの春海なのだ。

 春海が旺太郎の住む街にやってきたのは偶然ではなく、彼らの過去の秘密も知っているような、どこか達観した存在だ。ストリートミュージシャンの彼は酔っぱらいや集まってきた人たちを前に歌っている。その歌も「帰って来たヨッパライ」「はじめてのチュウ」など、物語の核心を突くような選曲で気になる。当然、彼が歌う主題歌もドラマの世界と地続きとなっていて、観る者聴く者の心に響く。

      

「菅田将暉、観る者聴く者を魅了する演技の凄み 『トドメの接吻』春海役で物語の鍵握る」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版