浅野忠信が事件の犯人に!? 『刑事ゆがみ』最終回のキーとなる3つのポイント

浅野忠信が事件の犯人に!? 『刑事ゆがみ』最終回のキーとなる3つのポイント

 神木隆之介と浅野忠信の掛け合いや、稲森いずみの姉御肌、毎話登場する豪華ゲストが反響を呼んでいる『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)。12月7日に放送された第9話では、弓神適当(浅野忠信)が以前、解決に導いたロイコ事件にまつわる新たな事件が起こり、弓神やヒズミ(山本美月)の過去が明らかになっていった。

 ロイコ事件は小説『ロイコ』の内容をなぞった殺人で、その残忍なやり方に数年が経過した今でもカルト的なファンが存在している。当時、犯人は作者の横島不二実と断定され、彼は焼身自殺してしまっていた。ヒズミはこの事件における唯一の生き残り・氷川和美であり、身寄りのない彼女の世話を弓神がしているとされていた。凄腕のハッカーでもあるヒズミは、弓神の以来で度々、事件に協力しており大きな手柄を上げているが、羽生が唯一ラブホテルに入るヒズミと弓神を目撃していること以外、うきよ署の面々は彼女の存在に気がついていない。

 しかし第5話「因縁寄生支配宿敵」で、そんな彼女の素顔が少しだけ明るみに出た。それは以前、弓神が解決に導いたロイコ事件唯一の生き残りがヒズミで、両親を目の前で殺されたショックで失声症になってしまったというものだった。断言はされていなかったが、それから弓神がヒズミの面倒を見ていると推測するには十分の内容だった。

 そんな中、第9話では、横島の未完小説『聖なる夜空にサンタが舞う』と酷似した事件が発生した。しかし弓神はあまりにも似すぎているため、「なんか誘導されてる気がするんだよなあ」と捜査を羽生に一任。聞き込みや聴取もどこか歯切れの悪い弓神に、疑いの目を向けた羽生が跡をつけると、死んだはずの横島と密会していることがわかった。

 羽生はこのことを菅能に相談する。検死報告も済んでいる横島が生きているはずがないと否定する菅能だが、その報告書を書いていたのは弓神であり、被害者とともにあったメモから横島の指紋が見つかったため、弓神への疑いは一層深まっていった。

 弓神のもとに羽生から「氷川和美さんが意識不明の重体で病院へ搬送された」と電話が入り、弓神は血相を変えて病室へと急ぐ。そこには羽生、菅能がおり弓神に知ってる事を話せと詰め寄る。ここまできてまだはぐらかそうとする弓神だが、目を覚ましたヒズミは激しく怯えながら声にならない声で弓神を「人殺し」と訴える。菅能、羽生、そしてヒズミにまで疑いの目を向けられた弓神は、病室から逃げ去ってしまう。

みんなのレビュー

第9話は山本美月さんの演技は、目を見張るものがあった。これまで、全く言葉を発しなかったヒズミが、病院のベットで目が覚めてゆがみを見た瞬間の、怯える一瞬の表情と、絞り出した震える声。演技は、その場の空気感や会話を交わす相手との阿吽の呼吸というか、そういうコミュニケーションがとても大事だと思う。そういう意味で、山本さんの演技からは、浅野さん率いる「刑事ゆがみ」の役者たちがいかに互いに刺激を与え合い、磨きあっている現場なのかが垣間見えた。山本さんの作品は『ピーチガール』しか見ていないが、Amazonプライムで今年配信された主演作『東京アリス』など、もっと他の作品での彼女の演技を見たいと感じた。

レビューする

【投稿前の注意事項】

・投稿していただいたレビューは全て編集部で確認させていただき、承認させていただいたもののみを掲載させていただきます。

・Real Soundの編集ポリシーにもとづき、投稿していただいたレビューに編集が加わる場合がございます。

※投稿していただいたレビューは全て上記に同意していただいたものとみなします。

※メールアドレスは表示されません。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版