芳根京子、『べっぴんさん』の名演再びーー『小さな巨人』で見せた天真爛漫さと真摯さ

 正義とは、組織とは何かーー藤倉良一(駿河太郎)は、同期でありライバルの、自身の正義を貫く香坂の姿に自問自答していた。上の指示を忠実に守り、第一課1係長という位置へと着実に出世街道を歩んできた藤倉は、所轄を利用し横沢の逮捕に成功する。「敵は味方のフリをする」という言葉がここにも生きているのだ。しかし、同期の絆がある香坂の言葉が藤倉に響き、捕まえた横沢の手柄を所轄へと引き渡す。やっと、横沢の聴取が始まると思ったのも束の間、警察内部の内通者が横沢の逃走の手助けをする。『小さな巨人』はストーリーが二転三転する、最後まで展開の読めない作品だ。これまで毎放送回で、必ず誰かが香坂を裏切ってきた。最後に彼を裏切るのは、彼が信頼できるのは誰なのか、残り2話の展開から目が離せない。

■渡辺彰浩
1988年生まれ。ライター/編集。2017年1月より、リアルサウンド編集部を経て独立。パンが好き。Twitter

■放送情報
日曜劇場『小さな巨人』
毎週日曜21:00〜TBS系にて放送
出演:長谷川博己、岡田将生、芳根京子、安田顕、ユースケ・サンタマリア、梅沢富美男、和田アキ子、香川照之
(c)TBS
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/chiisanakyojin_tbs/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる