『カルテット』『バイプレイヤーズ』なぜ熱狂を生んだ? 冬ドラマ「脚本は無難、演出は個性」の二極に

さらに思い切った演出への期待感

 『カルテット』『バイプレーヤーズ』がドラマの楽しみ方を広げただけに、視聴者は今後も無難な脚本ばかりになるようなら、不満の声をあげるだろう。「見たことのないような設定」「想像がつかない展開」「驚かされる結末」。脚本家の頑張りとプロデューサーの英断による無難な物語からの脱却を切に願っている。

 反面、演出に関しては、「春ドラマでも、やりがいとこだわりを持って個性的な演出を見せてくれるのでは」という期待感が増すばかり。個人的には、演出家の高齢化が叫ばれているだけに、「今がチャンス」とばかりに若手の起用やアイディアだけでも採り入れるなどのポジティブな姿勢を望みたい。

 『カルテット』『バイプレーヤーズ』は、「脚本・演出ともに個性を出した」ことで、視聴者に「分かりにくいものへの魅力」を感じさせた。もちろん視聴率獲得に全力を注ぐ作品があってもいいが、それだけでは物足りないことを冬ドラマが教えてくれたのではないか。

■木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月間約20本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などに出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる