>  >  > 『珍遊記』予告編&本ビジュアル公開

倉科カナ、真顔で男性の“あの部分”を語る!? 松山ケンイチ主演『珍遊記』予告編公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『珍遊記』予告編

 松山ケンイチが主演を務める『珍遊記』の予告編と本ビジュアルが公開された。

 『珍遊記』は、漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画を、『地獄甲子園』の山口雄大監督が実写化したコメディ映画。坊主の玄奘が、ひょんなことから天下の不良少年・山田太郎を引き取ることになり、ともに天竺を目指し旅する模様を描き出す。主演の松山ケンイチのほか、倉科カナ、溝端淳平、田山涼成、笹野高史、温水洋一、ピエール瀧らが出演する。

 このたび公開された予告編は、倉科カナ演じる坊主の玄奘が、偶然立ち寄った家のじじい(田山涼成)とばばあ(笹野高史)と、真顔で“ち◯こ”について会話を繰り広げるシーンから始まる。その後、RIP SLYMEによるエンディング曲「Drop!」に乗せて、個性的なキャラクターたちが次々に映し出される。特報に続き、『北斗の拳』のナレーターで知られる千葉繁が、予告編のナレーションを担当している。

20160126-chinyuuki.jpg『珍遊記』本ビジュアル

■公開情報
『珍遊記』
2月27日(土)より、新宿バルト9ほかにて全国ロードショー
出演:松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平、田山涼成、笹野高史、温水洋一、ピエール瀧 ほか
監督・編集:山口雄大
原作:漫☆画太郎「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」(集英社刊)
脚本:おおかわら、松原秀
企画・総合プロデューサー:紙谷零
オープニング曲(主題歌):RIP SLYME「Take It Easy」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)
エンディング曲:RIP SLYME「Drop!」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)
バトルソング:マキシマム ザ ホルモン「アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>」/「ジョニー鉄パイプⅢ」(VAP)
配給:東映
(c)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
公式サイト:http://chinyuuki.com

「倉科カナ、真顔で男性の“あの部分”を語る!? 松山ケンイチ主演『珍遊記』予告編公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版