>  >  > 『珍遊記』主題歌はRIP SLYME

RIP SLYME、映画『珍遊記』に新曲書き下ろし PES「新しい珍遊記をクソ楽しみましょう」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松山ケンイチ主演、漫☆画太郎原作の映画『珍遊記』の主題歌をRIP SLYMEが担当することが決定した。

160109_tinyuuki-th.jpgRIP SLYME アーティスト写真

 『珍遊記』は、1990年より週刊少年ジャンプにて連載されたギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」を、映画『地獄甲子園』の山口雄大監督が実写化したコメディ映画。松山ケンイチが主演を務め、坊主頭にパンツ一丁というビジュアルが話題を呼んでいる。

 今回、主題歌となるオープニング曲及びエンディング曲を歌うのは、RYO-Z、ILMARI、PES、SUの4MCとDJ FUMIYAの1DJからなる、ヒップホップユニットRIP SLYME。本作では、“原作の世界観とも合致し、映画ならではの世界観を創造できるアーティスト”として製作側からオファーを受け、オープニングのFLASHアニメに合わせた主題歌「Take It Easy」、エンドロールに合わせた「Drop!」の2曲を、映画のために書き下ろしている。本楽曲は、3月2日に23枚目のシングルとして発売されることが決定している。

PES(RIP SLYME)コメント

原作の世代なのでクソ光栄に思っております。私達の様なクソ野郎共のクソいかれた曲ではありますが、何とか映画の世界観に混ざれたら良いなとクッソ思っております。新しい珍遊記をクソ楽しみましょう!!

■楽曲情報
3月2日(水)発売
RIP SLYME 23rd Single「Take It Easy」
完全生産限定盤:1,800円(税込)
通常盤:1,000円(税別)

■公開情報
『珍遊記』
2月27日(土)より、新宿バルト9ほかにて全国ロードショー
出演:松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平、田山涼成、笹野高史、温水洋一、ピエール瀧
監督:山口雄大
原作:漫☆画太郎「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」(集英社刊)
脚本:おおかわら/松原秀
企画・総合プロデューサー:紙谷零
制作プロダクション:DLE
配給:東映
(c)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
公式サイト:http://chinyuuki.com

「RIP SLYME、映画『珍遊記』に新曲書き下ろし PES「新しい珍遊記をクソ楽しみましょう」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版