>  >  > クロエ・モレッツ主演SF作、日本公開決定

クロエ・グレース・モレッツ主演SFミステリー『フィフス・ウェイブ』公開決定 予告編&ポスターも

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画『フィフス・ウェイブ』予告

 クロエ・グレース・モレッツ主演のSFミステリー『フィフス・ウェイブ』(原題:「The 5th Wave」)が2016年4月23日に日本公開されることが決定し、予告編とポスタービジュアルが公開された。

 『フィフス・ウェイブ』は、アメリカをはじめ全世界でベストセラーとなった、2013年出版のリック・ヤンシーによる同名小説が原作。舞台となるのは、地球外の知的生命体“アザーズ”からの4度にわたる攻撃により、人類の99%が死滅した世界。ほぼ壊滅状態となった現代の地球に生き残った女子高生のキャシーは、離ればなれになってしまった弟を救うため、子供たちが拉致された基地へと向かう。キャシーは人類滅亡の第5の波“フィフス・ウェイブ”が来る前に、“アザーズ”の正体を見抜き、彼らの目的を阻止することができるのか…。

 『キック・アス』『アクトレス ~女たちの舞台~』のクロエ・グレース・モレッツが演じるのは、地球外の知的生命体“アザーズ”から攻撃を受け、恐怖に慄き翻弄される孤独な高校生のキャシー。そのほかには、キャシーが憧れを抱く青年ベン役に『ジュラシック・ワールド』のニック・ロビンソン、旅先で知り合う謎の若い男性エヴァン役にイギリス人俳優アレックス・ロウ、軍の指揮官ヴォーシュ役に『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』のリーヴ・シュレイバーらが出演する。

 『アリス・クリードの失踪』のJ・ブレイクソンがメガホンを取り、『エリン・ブロコビッチ』でアカデミー賞脚本賞にノミネートされたスザンナ・グラントが脚本を担当。また、『スパイダーマン』シリーズのトビー・マグワイアがプロデューサーに名を連ねている。

 日本公開決定の報とともに公開された予告編では、正体不明の物体“アザーズ”によって崩壊していく世界の様子が、“WAVE 1 暗黒”“WAVE 2 崩壊”“WAVE 3 感染”“WAVE 4 侵略”の文字に合わせて描かれている。一方のポスタービジュアルは、ほぼ壊滅状態の地球を背景に、武器を手にしたクロエ・グレース・モレッツが印象的な仕上がりになっている。

20151127-The5thWave.jpg『フィフス・ウェイブ』ポスタービジュアル

■公開情報
『フィフス・ウェイブ』
2016年4月23日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

「クロエ・グレース・モレッツ主演SFミステリー『フィフス・ウェイブ』公開決定 予告編&ポスターも」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版