>  >  > 『みんエス』前夜祭イベントレポート

染谷将太、『映画 みんな!エスパーだよ!』前夜祭イベントで初のDJプレイを披露

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150904-esper-manoth_.jpg真野恵里菜

 9月3日(木)、『映画 みんな!エスパーだよ!』の前夜祭イベントが、東京新代田のLIVE HOUSE FEVERにて開催された。劇中で喫茶店「シーホース」のマスター、永野輝光役を演じているマキタスポーツを司会進行に、監督や出演者が一堂に会して、トークはもちろん、出演者たちによる歌やDJまで、盛りだくさんな企画が用意されたこのイベント。

 「みんな処女と童貞か! ウソつけ!」と、すっかり役柄モードに入って観客を鼓舞するマキタスポーツの声掛けから、まずは主演の染谷将太と園子温監督がステージに登場。公開前夜の心境を語った。マキタスポーツ曰く、「今日のイベントは映画の打ち上げも兼ねている」とのことなので(?)、その後は、出演者たちによる“出し物”が次々と披露。まずは、浅見紗英を演じる真野恵里菜が松浦亜弥の「Yeah!めっちゃホリデイ」を振りつきで熱唱。続いて、平野美由紀役の池田エライザが椎名林檎の「丸の内サディスティック」を熱唱した。

 そして、この日のシークレット・ゲストとして、謎の3人組DJユニット、OK KILLERが登場すると、会場の空気は一転。『映画 みんな!エスパーだよ!』の主題歌である岡村靖幸の「ラブメッセージ」を含む、約30分のDJプレイでフロアを熱狂させた。その後も、高橋メリージュンが高橋真梨子の「for you…」を情感たっぷりに歌い上げるなど、この日限りの“出し物”が続いたのち、後半戦は、今日が初披露という染谷将太のDJからスタート。興味津々で見守る観客の目線をよそに、ビースティ・ボーイズやOTOGIBANASHI’Sなど洋邦のヒップホップを中心に、マイペースで楽曲を繋いでゆく染谷。約30分のセットの最後には、ドラマ版のエンディングテーマである、石崎ひゅーいの「夜間飛行」をスピン。すると、ステージ上には、深水元基が劇中の“ビッグ・マグナム”姿で登場、柾木玲弥ら共演者とともにドラマさながらの狂態を繰り広げ、観客を爆笑の渦に叩きこんだ。

      

「染谷将太、『映画 みんな!エスパーだよ!』前夜祭イベントで初のDJプレイを披露」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版