日向坂46の『TIF2024』出演が意味することとは? 初の三期生単独公演に裏付けられるグループの成長

 8月2日~4日に開催される世界最大のアイドルフェス『TOKYO IDOL FESTIVAL 2024 supported by にしたんクリニック』(以下、『TIF』)の出演者が続々と発表されている。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、オンラインでの開催となった2020年、有観客とオンラインのハイブリッドとして新たな試みを示した2021年、3年ぶりの夏開催となった2022年、観客による歓声とジャンプが解禁され、コロナ禍以前の盛り上がりを取り戻しつつある2023年を経て、今年は昨年よりもさらに多くの来場者が予想され、ポストコロナ時代の新たなアイドルフェスの形が提示されることになるはずだ。

 今年のラインナップを見てみると、久しぶりの出演となるアイドルや『TIF』初出演となるグループが目立っている。チームしゃちほこ時代に出演した2018年以来、6年ぶりの出演となるTEAM SHACHIをはじめ、AKB48やSKE48、NMB48といった48グループ、『ラブライブ!サンシャイン!!』のAqours、『ラブライブ!スーパースター!!』のLiella!といった声優グループ、さらにはライブアイドルシーンを牽引するFRUITS ZIPPERやiLiFE!など、多彩な個性のアイドルグループたちが発表されており、今後も出演者が増えていくことを考えると、かつてないほどにバラエティに富んでいる印象だ。これからタイムテーブルの発表も控えており、日程を抑えなければならないアイドルファンにとってはここからが本番とも言える。

 中でも注目を集めているのが乃木坂46から四期生、日向坂46から三期生の出演が発表されたことだろう。乃木坂46 四期生と日向坂46 三期生は、2018年に開催された「坂道合同オーディション」を経て、それぞれのグループに加入したという共通点があり、異なるグループとして約6年ぶりに『TIF』という場所で集結することになる。

 乃木坂46 四期生は2019年に数々の伝説を生んできたSMILE GARDENのトリを務め、オンラインで行われた2020年には最終日のHOT STAGEに出演。2022年は五期生が単独出演していたが、四期生単独としては約4年ぶりの『TIF』出演となる。4年前は四期生の黒見明香、佐藤璃果、林瑠奈、松尾美佑、弓木奈於といったメンバーは加入してあまり日の経たない中での出演だった。今年の『TIF』では成長した姿を見せることになる。

 けやき坂46時代まで遡ると、2017年が最初と言えるが、日向坂46としてはデビュー年の2019年に初めて出演を果たし、その後も『TIF』の常連として熱いステージを届けてきた。日向坂46は毎年のように『TIF』に出演しており、日向坂46にとって『TIF』はツアーに代わる夏の風物詩となっている。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる