EXILE TAKAHIRO、ステージで歌うことへの自信と責任 15年分の想いが詰まった「道」をもう一度届ける理由

EXILE TAKAHIROの自信と責任

「ATSUSHIさんと一緒に育ててきた『道』を歌いたい」

ーー<EXILE RESPECT>シリーズの「道」のアレンジは、EXILEの楽曲を数多く手掛けている中野雄太さんが担当されています。ピアノやストリングスが印象的な仕上がりですが、TAKAHIROさんからはどのようにオファーしましたか?

TAKAHIRO:「道」に関してはオリジナルの良さを掻き消しちゃいけないと思っていたので、「生まれ変わる」というよりも「アップデート」という方向性でアレンジをお願いしました。それでいて、オーガニックで心温まるような。ただ単に音数を増やすのではなく、今聴いた時に一番魅力的に響く「道」にしてほしいと思っていたので、イメージ通りのアレンジにしてくださり感謝しています。

ーーボーカルレコーディングでこだわったことも教えてください。

TAKAHIRO:ソロとしてリリースするからには、自分らしく表現したい気持ちもあったのですが、<EXILE RESPECT>という大前提があるので、曲を聴いた時に“自分らしさ”が違和感にならないようにとは思っていて。特に今回はアレンジもアップデートされているので、歌も原曲のままではなく、ATSUSHIさんと一緒に歌って育ててきた「道」を歌いたいなと、ATSUSHIさんがライブでやってきたアレンジをオマージュさせていただきました。

ーー例えば、どのあたりがATSUSHIさんっぽいアレンジですか?

TAKAHIRO:2番のサビ直前でメロディを変えているところとか。いくつか散りばめたので、ファンのみなさんに探してほしいですね。ATSUSHIさんも「完璧にオマージュしてくれたね」とおっしゃっていたので、これはパクリではありません(笑)。ATSUSHIさん公認のオマージュです!

ーー2007年の「道」と聴き比べるのも、この曲が歩んできた道のりを感じられて面白そうですね。ライブで育てる前と、育った後の変化が見られて。

TAKAHIRO:そうですね。当時と今とでは経験値が違うので、技術の差は歴然ですが、気持ちの面でも、昔より力まずに歌えるようになったなと思います。届けたい想いや思い描くイメージ、その時自分に見えている景色を、少し心に余裕を持ちながら歌に落とし込めるようになったなと。今年のツアーでも新たに習得したことがあったりして。もちろん当時は当時で、その時のベストを尽くしてレコーディングしたんですけど、今はさらに進化した「道」を歌えていると思うので、今後もライブで歌い続けたい1曲ですね。

心を込めて歌っていきたいと再認識した出来事

ーーまた、「道」には音楽の教科書に掲載されるなど、卒業ソングとして長年愛されてきた歴史もあります。近年はコロナ禍の影響を受けて、青春を謳歌できなかった方も多いようですが、そういった方々に伝えたいメッセージはありますか?

TAKAHIRO:EXILEで2007年に僕の母校の卒業式にサプライズ出演して「道」を披露したことがあるんですけど、本当は、今回もそういうサプライズをしたかった。でも、コロナ禍になってからは、そもそも入学式や卒業式ができなかったり、親御さんですら式に参加するのが難しい状況が続いていたので、断念したんです。その状況は寂しいことですが、友達と過ごした日々の思い出や学んできたこと、重ねてきた努力は決して揺るがないもので、卒業式をやれなかったからといって変わることはないと思う。だからコロナ禍を嘆くのではなく、学生時代にやってきたことを糧にしながら、明るい未来に向けて進んでいってほしいなと思いますね。

ーーそんな温かなエールを「道」の歌声からも感じてもらえるのではないでしょうか。

TAKAHIRO:そうだと嬉しいですね。そういえば、以前こんなことがあったんです。ある時、福岡で妹と食事に行ったんですけど、そこの店員さんが、じつはその2007年の僕らのサプライズ出演を受けて卒業した方で……。

ーーえっ、運命的ですね!?

TAKAHIRO:すごいですよね(笑)。僕らの出演が、大切な思い出になっていると話してくださったんです。それを聞いた時に、アーティストという仕事は、なんて責任重大で、なんてやり甲斐のある仕事なんだろう! と改めて感じて。これからも口先だけじゃなく、本当の意味で“心を込めて”歌っていきたいなと思いました。

ーーでは最後に、EXILEの20周年アニバーサリーイヤーを締め括る『EXILE LIVE TOUR 2022 “POWER OF WISH” 〜Christmas Special〜』と、2023年のソロ活動への意気込みを聞かせてください。

TAKAHIRO:まずクリスマスライブに関しては、今回の「道」のMUSIC & MOVIE CARDにも、昨年僕の誕生日に行った配信ライブ『EXILE TAKAHIRO ONLINE ~X’mas 大イヴ~ LIVE』の楽曲が収録されているように、冬生まれの僕としては、毎年冬はみなさんと一緒に過ごせたらと思っています。今年もEXILEとしてライブができて嬉しいですし、いずれはソロでもクリスマスライブができたらいいなと思っています。少しずつ世の中が元に戻っていくことを願いながら、ファンのみなさんと会える機会をたくさん作って、1日でも多く歌が届けられる1年にできたらいいなと思っています。

EXILE TAKAHIRO『道』

■Release info
EXILE TAKAHIRO『道』
2022.11.22(火)発売
*リリース形態はMUSIC & MOVIE CARD(CDジャケットサイズ仕様)または配信のみ

①【ジャケットA ver.】1,870円(税込)
[ MUSIC ]
1.道
2. 道 (Instrumental)
[ MOVIE ]
EXILE TAKAHIRO ONLINE 〜Xʼmas 大イヴ〜 LIVE
1. Heavenly White
2. with…

②【ジャケットB ver.】1,870円(税込)
[ MUSIC ]
1.道
2. 道 (Instrumental)
[ MOVIE ]
EXILE TAKAHIRO ONLINE 〜Xʼmas 大イヴ〜 LIVE
1. あなたへ
2. 抱きしめたい

※ダウンロード対象期間:2023年5月21日まで

<対象販売サイト>
EXILE TRIBE FAMILY OFFICIAL CD・DVD SHOP
※応募抽選特典 終演後撮影会 対象
詳細:https://sp.mu-mo.net/shop/rr/exiletribefamily

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる