Kアリーナ横浜、2万席の音楽アリーナが2023年秋みなとみらいに誕生

Kアリーナ横浜、2023年秋設立

 横浜みなとみらいに設立予定の、2万席を誇る世界最大級の音楽アリーナの名称が「Kアリーナ横浜」に決定した。

 「Kアリーナ横浜」は、株式会社ケン・コーポレーションが横浜みなとみらい21地区で推進する大規模複合開発「Kアリーナプロジェクト」のうちの一つ。同時に、併設するツインタワーのホテル棟は「ヒルトン横浜」、オフィス棟の名称は「Kタワー横浜」、開発街区全体の名称は「ミュージックテラス」に決定した。

 

 フレキシブルな客席プランや設営・撤収への配慮、大規模な吊り込みへの対応や良質を追求した音響空間などを目指すとのことで、2万席を誇る客席は、ステージ前方のアリーナに加え、三層構造となるスタンドの全席がステージ正面を向いた扇型の形状になる予定だ。

 

 このアリーナには、VIPエリアが作られ、ラグジュアリーな体験ができる。VIPエリア専用のロビーが存在し、40mにも及ぶラウンジが広がる。VIPボックスでは、VIPエリアのサービスを受けながらライブイベントを鑑賞することができる。

 7階にはバーラウンジが併設され、横浜の美しい夜景を望むことができる。ライブを観に来たゲストだけでなく、近隣で働く方や横浜に遊びに来た方にも足を運んでもらえるような、大人の空間を目指しているとのことだ。

バーラウンジ

 完成は2023年秋ごろの予定だ。

■施設概要

■アクセス



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる