Kan Sano、山下達郎が奏でるハーモニーの秘密を実演解説 『Kan Sano Talks About Pop Music』第4回(前編)

Kan Sano、山下達郎のハーモニーを実演解説

山下達郎が取り入れた複雑なハーモニー

 普通ハーモニーというのは3音でできていて、例えば「C」というコードだったら「ド・ミ・ソ」で1つの和音になるんですけど、このコードにさらに音を加えていくものをテンションノートと言うんですね。ジャズやソウルでよく使うハーモニーなんですけど、達郎さんはそれをポップスに持ち込んだんです。当時、そういうことをポップスでやっている人はほとんどいなかったと思うんですよね。例えば、C7sus4(9)というコードだと「ド・ミ・ソ」を「ド・ファ・ソ」に変えるんですけど、そうするとメジャーコードでもマイナーコードでもない、ちょっと浮遊感のある不思議な響きになって。そこにさらにテンションノートを加えて、ハーモニーを作っていくんです。

 僕が紹介したいのは、1970年代の達郎さんの「DANCER」という曲です。「Dm、G、Em、Am」というテンションノートを入れない状態のコード進行を、達郎さんは「Dm7(9)、G7sus4(9)、Em7、Am7(9)」という風に弾いていて。どんどんテンションノートを増やしていくことで、もともとシンプルだったハーモニーをちょっと複雑にしています。こういうハーモナイズの仕方は僕もいつもやっていることで、ハーモニーは複雑だけどメロディは割と歌いやすいようにいつも心がけているんですけど。達郎さんもやっていることで、今自分がやっていることにも直接つながる、共通している部分だと思います。

ハーモニーを変化させるテンションノート

 音を加えることによって、表情に奥行きが出るというか、また違った情感が出てきたりするんです。先ほどの「Dm7(9)」を例に挙げると、オクターブ下げた「9th」を弾くと半音でぶつかるところがあって、そこだけ聴くと不協和音なんですよ。でもハーモニー全体で聴くと調和しているんですね。半音でぶつかっている部分は不安定な響きなんですけど、それが全体で調和すると、奥行きが出て切ないポイントにもなるんじゃないかなと思います。

 今お話しした「Dm7(9)、G7sus4(9)、Em7、Am7(9)」と同じコード進行って、僕も大好きな楽曲「RIDE ON TIME」でも使われているんですよ。実は僕の楽曲「C’est la vie feat. 七尾旅人」で同じコード進行を使っていて、そこにテンションノートをいっぱい加えていくんです。僕がなぜこういう風に弾くかというと、結局これが一番気持ちよくてしっくりくるからなんですけど、複雑でもキャッチーに聴かせたい気持ちはやっぱりあるので、メロディは歌えるようにしておいたりとか、そういう工夫はしてあります。同じことを達郎さんも「DANCER」や「RIDE ON TIME」でやっているんですね。それが、複雑な響きは洋楽みたいでも、邦楽として成立している秘訣なんだと思います。

Kan Sano – C’est la vie feat. 七尾旅人 [Official Music Video]

『Kan Sano Talks About Pop Music』バックナンバー

テキストで読む

Kan Sanoによる新連載『Kan Sano Talks About Pop Music』スタート 第1回目はThe Beatlesを解説(前編)
Kan Sanoによる連載『Kan Sano Talks About Pop Music』第1回(後編) The Beatles、J-POPに与えた影響
Kan Sanoが語る、スティービー・ワンダーから学んだピアノ奏法 『Kan Sano Talks About Pop Music』第2回(前編)
Kan Sanoが語る、スティービー・ワンダーのコード進行とJ-POPへの影響 『Kan Sano Talks About Pop Music』第2回(後編)
Kan Sanoが解説する、ディアンジェロがもたらした新しいリズム革命 『Kan Sano Talks About Pop Music』第3回(前編)
Kan Sanoが語る、ディアンジェロやJ・ディラがJ-POPに与えた影響 『Kan Sano Talks About Pop Music』第3回(後編)

動画で観る(実演あり)

Kan Sanoが語る、The Beatlesから学んだ作曲の基本
Kan Sanoが解説 The Beatlesが日本の音楽シーンに与えた影響
Kan Sanoが語る、スティービー・ワンダーから学んだピアノ奏法
Kan Sanoが解説する、スティービー・ワンダーのコード進行
Kan Sanoが解説、ディアンジェロがもたらした“リズムの革命”
Kan Sanoが解説、ディアンジェロがJ-POPに与えた影響



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる