日向坂46 松田好花、高本彩花に続いて麒麟 川島明の「ハッシュタグ大喜利」に登場

 日向坂46 松田好花が、麒麟 川島明がInstagram内で展開している「ハッシュタグ大喜利」に登場した。

 ハッシュタグ大喜利とは、川島が自身のInstagramで投稿している、哀愁ある芸人仲間の写真にハッシュタグを使ったコメント大喜利。始めるきっかけとなった千鳥のノブやバナナマンの設楽統、ダウンタウンの浜田雅功といった川島と交流のある芸人を中心に参加している。

 今年、7月末に日向坂46から高本彩花が、アイドルとして初めてハッシュタグ大喜利に登場。川島がMCを務める『ラヴィット!』(TBS系)に月曜マンスリーレギュラーとして高本が出演していた縁から、ハッシュタグ大喜利への参加となった。「#アポ無しで来た来客に一歩も引かない受付嬢」「#車検に通るかドキドキしているネコバス」といったクスリと笑える大喜利の最後には、「またラヴィット遊びにきてね」といった川島からの優しいメッセージが添えられていた。

 高本に続きバトンを受け取った松田も、9月末で月曜マンスリーレギュラーが終了。「#勉強のために部活あきらめなきゃいけないのかなぁと悩む進研ゼミのマンガのワンシーン」「#出禁にした客がグラサンして裏声で喋りながら店内に入ろうとしてるのを見つめるメイド」といったネタと一緒に再び「またいつでも「ラヴィット!」遊びにきてね」と綴られている。オンエアでは弾ける笑顔の一方で、多くの涙を見せていた松田。レギュラー回最後の日にも大粒の涙を流しており、この川島が撮影した写真にもその涙の名残がほんのり感じられる。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる