JO1、OWV、円神……『KCON』を機に振り返るそれぞれの成長 “日プ”からスタートした3組の現在地

 そんな彼らと共に、『PRODUCE 101 JAPAN』で戦ってきた元練習生4人で結成されたのがOWVだ。2020年4月に結成、9月に『UBA UBA』でデビューし、セクシーでクールな、どこかクセになる楽曲で多くのファンを魅了した。今年4月には初の有観客ライブを敢行し、OWVここにあり、という存在感を示した。彼らが見せる本格的なダンスパフォーマンスはワイルドさがにじみ出さており、アイドルとは一線を画したグループになろうとしているのではないだろうか。

 そして円神は『PRODUCE 101 JAPAN』の元練習生9人によるユニットだ。歌や、ダンスに秀でているだけでなく、俳優、声優、モデルというさまざまな才能を秘めたメンバーが揃っている。それぞれの個性を生かし、2020年12月には歌とダンス、芝居を融合した舞台『nonagon(ノナゴン)~始まりの音』を開催。今年2月には満を持して『Say Your Name/ENJIN』でデビューを果たした。さまざまな強みを持った彼らのパフォーマンスは、音楽に留まらない新しいステージを見せてくれそうなそんな予感がある。

『KCON』でファンが目にするものとは?

 『PRODUCE 101 JAPAN』で切磋琢磨し成長してきた彼らだが、3つのグループの個性は大きく異なるものとなっている。『KCON』でのステージでは、それぞれの成長だけではなく、何を目指しているのか、というものが見えてくるはずだ。

 また、互いのステージを見ることで、刺激になることは間違いない。ステージが変わり、競い合うべきものも変わった。その中で、より高め合うパフォーマンスを見せてくれるのではないか。そして。彼ら自身が互いのパフォーマンスを見ることで、その刺激をどのように受け止めるのか。『KCON』後の化学反応にも期待したい。

 そしてステージパフォーマンスだけでなく、トークショーも行われるということもあり、それぞれがバラエティ番組で鍛えてきたスキルでどのようにファンを楽しませてくれるのかも気になるポイントだ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる