マカロニえんぴつ、しんちゃんやリスナーと作った特別なひと夏の思い出 『マカロックツアーEXTRA in 春日部』レポ

マカえん×クレしん春日部ライブレポ

 マカロニえんぴつが、主題歌を務める『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』の公開を記念し、しんちゃんこと野原しんのすけの地元・埼玉県春日部市にて、『マカロックツアーEXTRA in 春日部 ~しんちゃんも遊びに来るゾ!オラたちとおしり合いになってクレヨン♡篇~』を開催した。

 開演前にはしんちゃんからのアナウンスも流れ、この日だけの特別なライブが始まることへの期待が高まる。色とりどりのタオルを肩にかけたマカロッカー(ファン)たちから大きく手を振られながらステージに登場したメンバーが1曲目に奏でたのは、「listen to the radio」。この日だけの特別公演を観に駆けつけたファンたちも、手を挙げたり手拍子をしたりして盛り上げていく。「girl my friend」、「遠心」と連続でプレイし、序盤からエモーショナルなはっとりの声とバンドサウンドをホールいっぱいに響かせる。そのあとのMCでは「春日部のみなさんお待たせしました、マカロニえんぴつです」とはっとり(Vo/Gt)があいさつし、春日部は朗らかな空気が流れているなど、地域ならではなトークを展開。そしてこの日は、自宅療養をしていた、はっとりと長谷川大喜(Key/Cho)が復活してから初のワンマンライブとなる。元気になったことを改めて直接報告し、会場にいた全員が「おかえり」と声をかけるかのように、温かい拍手を送った。

 MC明けに歌われたのは「恋の中」。本曲はタイトルどおりの恋愛ソングだが、歌詞に登場する〈会えてよかったから〉という歌詞には、“こんなご時世だけど、今日この場であなたに会えてよかった”という想いも込められているような気がした。

 この日は映画の主題歌を担当したしんちゃんとのコラボ公演ということで、「実はしんちゃん来てます」というはっとりの紹介のもと、映画内で着用している天カス学園の制服姿のしんちゃんがステージに登場。青春をテーマに描いた主題歌「はしりがき」で、しんちゃんもノリノリのダンスパフォーマンスを見せてくれた。はっとりが一緒におしりを振る微笑ましい場面も。さらに、しんちゃんがマカロニえんぴつの楽曲の中でも特に好きだと言う「レモンパイ」でもコラボ。ダンスの次はタンバリンで演奏に参加し、途中でラップも歌うのだから、これにはかなり驚かされた。

 後半戦はキャッチーなキーボードソロから始まる「ブルーベリー・ナイツ」からスタート。その名のとおりブルーベリーを彷彿とさせる紫色のライトのもとしっとりと披露され、次曲の「恋人ごっこ」へ。ミドルテンポの切ないラブバラードが続き、胸が締め付けられたと思ったら、「哀しみロック」、「洗濯機と君とラヂオ」と一気にアップナンバーを畳みかけていく。高野賢也(Ba/Cho)や田辺由明(Gt/Cho)がリズミカルなステップを踏んだり、長谷川が手を挙げたりする様子も生き生きとしていて、久々にワンマンライブを行うことの喜びを噛み締めているようだった。はっとりも「春日部そんなもんじゃないでしょ!」と呼びかけ、さらに会場のボルテージを高めていく。

 「暗いニュースは続きます。でも自分の明日までそんな暗い雰囲気にのまれて台無しにならないように、どうか笑っていてください。笑おうと思って笑うのではなく、思わず笑ってください」(はっとり)とマカロニえんぴつらしい、リスナーの逃げ道になるような寄り添う言葉を届け、「一生続く青春を信じながら歌います」と披露されたのは「青春と一瞬」。今回のライブには親子席が設けられていたため親子連れや、近隣から足を運んだであろう学生くらいの年代の観客の姿が目立った。きっとこの瞬間も彼らにとっての忘れられない青春の一コマになるのだろう。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる