乃木坂46 梅澤美波、久保史緒里、秋元真夏……グループ異例の公式チャンネル『乃木坂配信中』が映し出すメンバーの素顔

 乃木坂46のYouTubeチャンネル『乃木坂配信中』が開設から2カ月を迎えようとしている。

梅澤美波1st写真集『夢の近く』

 『乃木坂配信中』では、乃木坂46の2つ目の公式YouTubeチャンネルとして『乃木坂工事中』(テレビ東京系)放送後の見逃し配信や「乃木坂46分TV」生配信、メンバー個人の配信コンテンツがアップされている。

 『乃木坂工事中』に関しては、テレビ東京や制作局であるテレビ愛知、テレビ大阪といった三大都市圏などでは放送されているものの、そのほかの地方では最初から放送されていなかったり、放送契約が終了してしまっていたりしている。今月よりスタートする『真夏の全国ツアー2021』の開催地では唯一宮城が昨年の6月に放送が終了しているのが厳しい現実である。

 ただ、乃木坂46にとって『乃木坂工事中』は、もはや観ているのがメンバーもファンも当たり前という認識の巨大コンテンツに成長している。すなわち放送するごとにどんどん地方格差が広がっていくという状況に。以前よりYouTubeには違法アップロードの動画が横行していたが、そのある種の打開策としてスタートしたのがYouTubeでの公式配信である。TVerではなく、地上波のテレビ番組を自らのグループチャンネルで配信するというのは異例であり、番組終盤の楽曲披露もカットされることなくそのままアップされている(しかし、年末年始に『乃木坂工事中』だけで流れる特別CMやリリース毎の趣向を凝らしたCMなどを含めての『乃木坂工事中』でもある)。

 そして、個人配信はメンバーそれぞれの仕事や趣味を対外的に発信できる場所となっている。乃木坂46にはクリエイターがメンバーをプロデュースする個人PVがあり、伊藤万理華の「まりっか’17」(『1カット!』内の楽曲)や松村沙友理と生田絵梨花のユニット・からあげ姉妹の誕生など、メンバーのまだ見ぬ個性を引き出す役割を果たしてきたが、各シングルの映像特典としてもしくは定額制動画サービス「のぎ動画」で観られる、言わばファン向けのコンテンツであった。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる