『東京リベンジャーズ』『僕のヒーローアカデミア』……“声優沼”への第一歩? インターネットラジオならではの面白さ

『東京リベンジャーズ』第1巻
『東京リベンジャーズ』第1巻

 アーティスト活動にTV番組出演など、活躍の幅の広がりがめざましい声優界。多岐に渡る活動範囲の中でも、大きな柱となっているのがラジオだ。その中でも特に、近年のインターネットラジオ番組の充実ぶりには目を見張るものがある。文化放送 超A&G、音泉などを中心に多数の番組が存在し、TVだけでは得られないアニメ作品情報や、声優のパーソナルな部分を楽しむことができるのが特徴だ。最近も注目番組がいくつもスタートしている。

 声や語りを武器とする声優は、そもそもラジオとの相性がいい。そして、喋りで場を繋いでいくラジオは、若手声優の修業の場でもあり、名を売るチャンスでもある。コミックスの売れ行きや実写映画の放映などもあり、急激に人気が高まっているアニメ『東京リベンジャーズ』は、4月からラジオ番組『東京リベンジャーズ羅慈悪』(音泉)がスタート。主人公・花垣武道役の新祐樹はこの番組が初のラジオパーソナリティであり、初々しいながらも、毎回登場するゲスト声優と作品を掘り下げるトークを展開している。アニメの盛り上がりで作品に興味を持ち始めた人は、ラジオでさらに理解を深めるのもいいかもしれない。

【羅慈悪】東京リベンジャーズ羅慈悪【第陸回】

 『呪術廻戦』の虎杖悠仁を始め、多数のアニメのメインキャラクターを演じ、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの榎木淳弥がパーソナリティを務めているのはアニメ『SSSS.DYNAZENON』のラジオ『SSSS.DYNAZENON Radio よもゆめインパーフェクト』(音泉)。麻中蓬役の榎木とともに進行役を務める南 夢芽役の若山詩音は、これが初のラジオパーソナリティの仕事。あたふたする若山と、落ち着いた語り口の榎木とのテンションの差がおかしく、聴き込んでしまう。

 逆に、年季が入った堂々たるトークを見せるのは、『僕のヒーローアカデミア』のラジオ『僕のヒーローアカデミア ラジオ オールマイトニッポン』(音泉)だ。パーソナリティを務めるのは、緑谷出久役の山下大輝、そして出久の永遠のライバルである爆豪勝己役の岡本信彦。アニメとともにラジオも5期目となり、圧倒的な安定感がある。作品での共演も長いためか、軽快で気心の知れたトークを聴くことができる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる