藍井エイル、東京ニューシティ管弦楽団バックに従えた大迫力公演 オーディエンスに与えた新鮮な感動

藍井エイル、オーケストラライブレポ

 藍井エイルが6月16日、LINE CUBE SHIBUYAにて『Symphonic Concert 2021@LINE CUBE SHIBUYA ~Eir Aoi Premium Orchestra Live~』を開催した。新型コロナウイルス感染防止の観点から、客数は最大収容人数の半数が限度であったものの、全席着座による厳かな雰囲気が漂うこのコンサートホールで、世界的に活躍するオーケストラの東京ニューシティ管弦楽団をバックに従えた大迫力の公演となった。

 1曲目は「MEMORIA」で勢いよく駆け出す。今回は藍井自身初となるオーケストラライブ。すべての楽曲がオーケストラアレンジされたことで、これまでとは一味違った景色がステージに広がっている。客席全体がそのダイナミックな演奏に圧倒されていたような気がした。

 そして「GENESIS」「アカツキ」「ラピスラズリ」と続け様に披露。オーケストラの演奏と、普段エレクトリックギターなどの電子音やドラムセットによる強いビートをバックに歌っているいわゆる(オペラなどとは違った)J-POP歌手の共演は、一般的なライブとは聴こえ方に差が出てくる。

 たとえば、バイオリンが高音を響かせるサビよりも、ボーカリストを低い音程で下から支えるようにして演奏するAメロやBメロの方が、情景が豊かに広がると感じた。もちろんサビにおける迫力あるサウンドは圧倒的で、それに負けじとボーカルが声を張るようなスリリングなパフォーマンスも魅力だが、そこに至るまでのA~Bメロでのドラマチックかつエモーショナルな演奏は、いつものライブでは味わえない新鮮な感動がある。

 歌い終えると藍井は「いつもと違った形のライブにはなるんですけど、この特別感をみなさんと味わっていきたいなと思います」と話す。「今日は汗をかいたりはしないと思うんですが、じっくり楽しく、みんなとひとつになって、今日という日を終えることができたらと思います」と一言一言を丁寧に紡ぎ出す。

 続けて歌った「I will…」は、藍井曰く「どんなに距離が離れてしまっても心ではずっと繋がり続けている」ような、そんな“大切な人との繋がり”を歌った一曲だ。このところ人との距離を取ることが続いている日々の中で〈ずっと心は繋がっていく 繋がっている〉というフレーズが意味深い。

 前半の最後は「クロイウタ」をしっとりと歌い上げる。白い衣装に身を包んだ藍井は、可憐な一輪の花のようにも、季節はずれの雪の結晶のようにも見えた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる