NEWS 増田貴久とA.B.C-Z 塚田僚一、“同期筋肉コンビ”の共通点 グループの垣根を超えてバラエティでも活躍

 5月13日の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)「ゴチバトル」コーナーにNEWS・増田貴久の因縁ゲストとしてA.B.C-Z・塚田僚一が参戦し、話題となった。「因縁のアイツSP」として出演した塚田は筋肉キャラがかぶっていると告白。どちらが秀でているか腕立て伏せ対決を行い、結果は僅差で塚田に軍配が上がった。続いて5月18日の『踊る!さんま御殿‼』(日本テレビ系)の「芸能界の親友大集合!プライベート暴露SP」に2人揃って出演するなど、“同期筋肉コンビ”として露出の増えている2人の絆についてフォーカスしてみたい。

入所20年を経て生まれた同期の絆

 増田と塚田は1998年11月8日に入所した同期である。とはいっても当時は特に仲が良く絡んでいた時期はなかったらしく、増田がパーソナリティを務めている『増田貴久 MASTER HITS』(bayfm)に塚田がゲストで出演した際に、入所から20数年を経て巡り巡って交流するようになったと明かされている。2人以外に同期には亀梨和也、中丸雄一(KAT-TUN)、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)がおり、同期会を結成して食事をした際の写真も中丸が担当する『シューイチ』の「まじっすか」のコーナーで公開されている。その中でも増田と塚田はデビューを目指し、誰もがライバル関係であったJr.時代を経て、大人に成長した今、同期の絆で良い関係を築いている。

ファッション分野の才能も開花させている増田

 2人のデビューから現在までの経緯は大きく異なる。増田はNEWSとして華々しくデビューを飾り、一気にトップアイドルに。しかし、相次ぐメンバーの脱退や退所などの度にメンバーとファンが支え合い、紆余曲折を経て現在の3人体制となった。新体制を迎え増田はこれまでも定評のあった歌唱力にさらに磨きをかけているほか、演技でも活躍。昨年は『パレートの誤算~ケースワーカー殺人事件』(WOWOW)出演に続き、『レンタルなんもしない人』(テレビ東京系)ではSNSで話題となった主人公の森山将太、通称レンタルさんを好演。さらに歌唱力を生かしミュージカル『ハウ・トゥー・サクシード』の主演も務めるなど、役者としても精力的に活動している。歌もダンスも芝居も、アイドルとしての自分自身にストイックに向き合う増田ならではのこだわりが彼自身を大きく成長させているように思う。

 さらに増田はファッションの分野でも才能を開花させている。現在はファッション雑誌『mina』、『装苑』2誌の連載を担当する活躍ぶりだ。中でも『mina』では私服を披露しており、ファンは普段の増田のおしゃれを見ることを楽しみにしている。

 そしてファッションへの探求心はグループの衣装にも反映されている。NEWSのライブの衣装デザインを担当しているのだが、メンバーが並んだ時、ファンにどう映るかまで考慮し、個々の個性を活かしたデザインにするなど徹底したこだわりを持って制作にあたっている。

 そんな増田の秀でたファッションセンスを見込んだ塚田がA.B.C-Zのライブツアーの衣裳のデザインを依頼したことも。塚田の「まっすーが感じるA.B.C-Zのイメージで」「動きやすさは考えなくてOK」とのオファーを快諾した増田は『A.B.C-Z 2018 Love Battle Tour』で鮮やかなワッペンをいくつも張り付けたロングコートタイプの衣装をデザイン。中のTシャツにはグループ名とツアータイトルがメンバーカラーで配されており、靴に至るまで細部にこだわったそれは見事な出来栄えだった。ライブで衣裳を目の当たりにしたA.B.C-Zのファンからは「今までにないカラフルな衣装」「まっすーのA.B.C-Zのイメージが伝わって嬉しい」と感激の声が挙がっていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる