BUDDiiS、才能あふれるダンス&ボーカルグループの“これから”を見せた初のワンマンライブ

BUDDiiS、才能あふれるダンス&ボーカルグループの“これから”を見せた初のワンマンライブ

 スターダストプロモーションに所属する若手11人(FUMINORI・KEVIN・MORRIE・SEIYA・KANATA・YUMA・SHOW・TAKUYA・HARUKI・FUMIYA・SHOOT)からなるダンス&ボーカルグループ・BUDDiiS(バディーズ)が2021年5月2日、ストリーミング配信で無観客ライブ『BUDDiiS vol.00 ~LIVE SHOWCASE~』を開催した。初めての単独公演ということもあり、メンバーの気合は十分。プレッシャーをはねのけ、最後まで自信に満ちたパフォーマンスを繰り広げた。

 「今日は最高の1日にしていきましょう!」と威勢のいい掛け声とともに始まったのはカバーソング「ALRIGHT」。JUNEの在籍で知られるグループ・WAZZ UPの代表曲だ。JUNEは人気ダンス&ボーカルユニット・ONE N’ ONLY(スターダストプロモーション所属)などをバックアップするサウンドクリエイターで、 今後BUDDiiSにも積極的に関わっていくのかもしれない。

 続く「CLICK ME」は、昨年12月に行われたONE N’ ONLYのオンラインライブで初披露したオリジナル曲。ギターの乾いた音とリズミカルなシンセが絡み合うきらびやかなダンスポップで、5月19日の配信リリースが決まっている。ミュージカルを思わせる華麗なステップと清涼感のあるボーカルは独特の魅力があり、幅広い層のファンを獲得するに違いない。

 ファンキーなピアノのリフでスタートしたのは、新曲の「ALIEN BOY」(5月26日配信リリース)。先にTikTokで音源を公開したナンバーだが、ライブでやるのはもちろん初めてとなる。甘くソフトな歌声、キレのいいラップ、大所帯ならではの迫力あるダンス――。グループのセールスポイントを余すことなく伝えてくれるこの曲もリリース後に大きな反響を呼ぶはずだ。

 ここでようやく小休止。簡単な自己紹介をした後は、SHOOTがチャットに書き込まれたメッセージを読み上げていく。だがコメントの量が多く、タブレットの画面からすぐに消えてしまうため、なかなか紹介できない。「ちょっと落ち着こうぜ、みんな!」と苦笑いするメンバーたち。このようなやりとりを通じて、11人のキャラクターの違いや仲の良さをしっかりアピールできたのではないだろうか。

 楽し気なトークが終わり、今度はKEVIN・MORRIE・SHOOTが「虹」(オリジナル曲:菅田将暉)を熱唱。公式YouTubeなどでも紹介していたこのカバーソングは、BUDDiiSが歌だけでも勝負できるグループであることを図らずも証明してくれた。そしてステージはMORRIEだけが残り、ソロで「幸せになって笑って」(未発表曲)を披露。伸びやかなボーカルとアコースティックギターの音色が聴き手を優しく包み込んでくれる。

 ライブはいよいよ終盤へ。まずはリーダーのFUMINORIを中心としたワイルドかつシャープなダンスパフォーマンスで画面越しの観客を魅了。間髪を入れずに豪快なダンスポップ「YEAH」(オリジナル曲:WAZZ UP)で大いに盛り上げる。締めくくりは、トロピカルな仕上がりの「Under The Sea」とKEVINが作詞・作曲したポジティブソング「Brighter」で、どちらも未発表曲。「このひとときを一緒に幸せに過ごそう」という思いが伝わってくる歌と踊りによってファンとの一体感を高めながら、本編は幕を閉じた。

 少し間を空けて、アンコールステージがスタート。メンバーたちの和気あいあいのトークでは、ファンの呼称が「バディ」に決定したことや配信シングルの2週連続リリース、オフィシャルサイトの開設も発表され、すっかり祝祭ムードに。気分が盛り上がる中、ラストの1曲「CLICK ME」を歌った彼らの表情には、初のワンマンライブを成功裏に終えた充実感がみなぎっていた。

「コロナ禍で大変なご時世ですが、僕たちBUDDiiSはBUDDiiSらしく、みなさんにエンターテインメントを届けていきますので、これからも応援をよろしくお願いいたします!」

 ラストのFUMINORIのメッセージは、きっと多くの視聴者の心を熱くさせたことだろう。どんな状況下でも自分たちのスタイルでファンを楽しませたい、そんな真摯な思いがある限り、11人のメンバーは着実に成長し続けるはずだ。才能あふれるグループの「これから」に注目していきたい。

2157_b3
2157_b4
2157_b5
2157_b6
2157_b7
2157_b8
2157_b9
2157_b10
2157_b11
2157_b13
2157_b17
2157_b15
previous arrow
next arrow
2157_b3
2157_b4
2157_b5
2157_b6
2157_b7
2157_b8
2157_b9
2157_b10
2157_b11
2157_b13
2157_b17
2157_b15
previous arrow
next arrow

■まつもとたくお
音楽ライター。ニックネームはK-POP番長。2000年に執筆活動を開始。『ミュージック・マガジン』など専門誌を中心に寄稿。『ジャズ批評』『韓流ぴあ』で連載中。2021年5月16日に著書『K-POPはいつも壁をのりこえてきたし、名曲がわたしたちに力をくれた』を発売予定。

■アーカイブ情報
BUDDiiS vol.00〜LIVE SHOWCASE〜
視聴可能期間:5/3(月祝)12:00〜5/8(土)23:59
チケットはこちら

BUDDiiS オフィシャルサイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる