『プデュ』シーズン2 木村柾哉&田島将吾、リーダーとセンター兼任 「無限大」チームで勝利を掴んだのは?

『プデュ』シーズン2 木村柾哉&田島将吾、リーダーとセンター兼任 「無限大」チームで勝利を掴んだのは?

 最後は、木村柾哉がリーダーとセンターを兼任する1組、田島将吾がリーダーとセンターを兼任する2組による「無限大」。1組は全員が木村によって選出された“アベンジャーズチーム”。木村が中心となり、練習初日からハイレベルなレッスンを重ねていく。順調に練習を重ねているように見えたが、1回目のダンスレッスンでは、KENZOから2組の方がいいと評価されてしまう。パワー的な面、気持ちのまとまり具合の課題を潰していくために試行錯誤を重ねていると、それを見た西洸人が「もっと先陣切る人がいてもいいのかなって」、「僕がみんなの心を開きたいですね」と率先してチームを盛り上げていく。するとダンス未経験者の藤牧京介も調子が上がり、チーム全体の雰囲気が変わっていった。その後はトレーナー陣もべた褒め。最後は1組、2組が向かい合ってパフォーマンスをし、「無限大」チームとしての士気も高まっていっていた。

[グループバトル]JO1♫無限大 – 1組 Performance No Cut Ver.|PRODUCE 101 JAPAN SEASON2

 2組は田島がチームを引っ張っていく。ダンス未経験者の四谷真佑と小堀柊も、「打倒木村チーム」に向けて必死に練習についていくが、徐々に遅れを取っていってしまう。小堀は歌も思うようにできないことにより、気持ちが後ろ向きに。メンバーと距離を置き始めてしまっていた。その頃、田島も悩みが。1組のパフォーマンスを見て、メンバーたちが「劣った」と感じていることに悔しさを抱えていたのだ。ボーカルレッスンでも菅井から空回り感を指摘され、「どこに向かいたいのか姿勢がわからない」とコメントされてしまう。そこでの「ケミストリーを起こせるんだよ、君たちは」、「言い合ってぶつかるのが当たり前なのよ」という菅井の言葉を受け、緊急ミーティングを実施。四谷が涙ながらに思いをぶつけ、まとまるかと思いきや小堀から後ろ向きな発言が。田島がフォローするも、古瀬直輝は「すっごい甘い」と喝を入れる。それがきっかけになり、小堀も本当の思いを吐き出すことができ、一体感が生まれていた。2チームとも高い評価を得ていたが、結果勝利したのは1組であった。

[グループバトル]JO1♫無限大 – 2組 Performance No Cut Ver.|PRODUCE 101 JAPAN SEASON2

 全てのバトルが終了し、1位に輝いたのは篠原率いる「&LOVE」2組。特典として衣装チェンジをして特典映像を撮影し、地上波で放送されることとなった。そして、個人得票数では108票を獲得した髙塚大夢が1位に。2位は78票と大量票数を獲得した大久保となった。さらに、ベネフィット3000票を加えた順位も発表。ここにインターネットでの投票数を足したものが最終的な順位になる。次回はいよいよ、第1回順位発表式だ。どんな結果が待っているのだろうか。

合わせて読みたい

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』ついにスタート 木村柾哉がオンタクト能力評価1位に
『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』木村柾哉の判定は? トレーナー陣が絶賛したスターメンバーも現る
『プデュ』シーズン2 髙塚大夢&後藤威尊、グループバトルで飛躍 テコエ勇聖のリーダーとしての葛藤も

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる