『プデュ』シーズン2 髙塚大夢&後藤威尊、グループバトルで飛躍 テコエ勇聖のリーダーとしての葛藤も

『プデュ』シーズン2 髙塚大夢&後藤威尊、グループバトルで飛躍 テコエ勇聖のリーダーとしての葛藤も

 4月22日、『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』(GYAO!)の第3回が配信された。再評価テストでのクラス決定、グループバトルのスタートなど盛り上がりどころが多々あり、大きく動き出している。

 今回の配信は再評価テストの結果から始まる。Aクラスは8人中3名、Bクラスは10人中8名、Cクラスは18名中4名、Dクラスは17人中11人、Fクラスは7人中6名と、かなりのクラス変動があった。全練習生が目指すAクラスへ昇格となったのは木村柾哉、福田翔也、髙塚大夢、藤牧京介、テコエ勇聖、古瀬直輝。番組テーマ曲「Let Me Fly ~その未来へ~」のセンターは、新生Aクラスの中から選ばれることになる。候補として残ったのは、田島将吾、木村、福田翔也の3名。最終的に他の練習生の投票により、木村がセンターを務めることとなった。

 そして、いよいよ次の課題「グループバトル」が発表される。「グループバトル」では、6名1チームを10グループ作り、1つの課題曲をそれぞれ2チームずつパフォーマンス。勝利チーム全員にベネフィットとして3000票が加算される。まずは代表者がメンバーを選んでいく形でチーム分けが行なわれ、「Let Me Fly ~その未来へ~」でセンターを務めた木村が最初の代表者となった。彼が選んだのは西洸人、尾崎匠海、飯沼アントニー、太田駿静、藤牧という顔ぶれだ。

 ここから代表者は、国民プロデューサー代表のナインティナインによるくじ引きで決まる。引き当てられたのは、四谷真佑。四谷はその直前、木村がメンバーを選ぶ際にナインティナインから話を振られていたこともあり、練習生たちは大盛り上がり。ナインティナインも「やったじゃん!」(岡村隆史)、「四谷の奇跡ですよ」(矢部浩之)と驚きを見せていた。その後全チームが決定したところで課題曲の発表へ。今回与えられた課題曲は、JO1「無限大(INFINITY)」、King & Prince「&LOVE」、GENERATIONS from EXILE TRIBE「AGEHA」、BTS「I NEED U」、SHINee「Your Number」の5曲だ。玉入れで担当曲を決定し、リーダーとセンターを話し合いで決定。いよいよ、パフォーマンス当日に向けて厳しい練習が始まった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる