『プデュ』シーズン2 木村柾哉&田島将吾、リーダーとセンター兼任 「無限大」チームで勝利を掴んだのは?

『プデュ』シーズン2 木村柾哉&田島将吾、リーダーとセンター兼任 「無限大」チームで勝利を掴んだのは?

 4月29日に配信された『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』(GYAO!)の第4回。ついに全てのグループバトルが終了し、1位に輝いたチームと一番多くの投票数を獲得した練習生が明らかになった。

 まず最初はヴァサイェガ光がリーダー、栗田航兵がセンターを務める1組、篠原瑞希がリーダー、大久保波留がセンターを務める2組による「&LOVE」からだ。1組では、オンタクト能力評価による投票で3位を獲得しつつもFクラスとなってしまった佐野雄大が思い悩んでいた。未経験が故にチームの練習についていけておらず、トレーナーのKENZOもからも様々な指摘されてしまう。

 さらにセンターの栗田をはじめ歌詞を覚えられていないなど、なかなかまとまりが出ない。服部息吹は「必死さが伝わってこない」と緊急ミーティングを行い、メンバーたちの士気を高める。有意義な話し合いとなるも、リーダーのヴァサイェガはリーダーとしてチームをまとめきれていない自分の不甲斐なさを感じ、涙ながらに気持ちを吐露。それをきっかけに服部がダンス面で、阪本航紀がボーカル面でサポートし、チーム全体のまとまりも出始めた。

[グループバトル]King & Prince♫&LOVE – 1組 Performance No Cut Ver.|PRODUCE 101 JAPAN SEASON2

 2組は、リーダーの篠原以外全員が高校生。幾度となくミーティングを重ねながら、高校生たちを引っ張っていく篠原。しかしボーカルレッスン時、トレーナーの菅井秀憲から指摘を受けるも高校生たちは誰も口を開かない。菅井が呆れて部屋を出ていってしまう一面もあった。そこで篠原も緊急ミーティングを行うことに。どう思っているかを高校生たちに問いかけるが、またもや誰もリアクションしない。だが、高校生たちは決してやる気がないわけではなく、篠原の知らないところで練習を重ねていた。高校生たちが篠原に「年齢関係なく同じチームとしてやっていきたい」と気持ちを伝えたことがきっかけになり、全員で意見を出していくようにチームへ生まれ変わる。こうして両チームとも全力でパフォーマンスをした結果、軍配は2組へ上がった。

[グループバトル]King & Prince♫&LOVE – 2組 Performance No Cut Ver.|PRODUCE 101 JAPAN SEASON2

 続いては、阿部創がリーダー、飯吉流生がセンターを務める1組、森井洸陽がリーダー、松田迅がセンターを務める2組による「Your Number」。1組は有名事務所での練習生経験のある児玉龍亮が、ダンス面を引っ張っていく。そんな中、青山テルマによるボーカルレッスンでセンターでメインボーカルの飯吉の音程に指摘が入る。児玉は少ない練習時間の中で完成度を高めるため、なかなか音程が取れない飯吉のセンター交代を提案。話し合いをするも、変更しないことに決定した。だが、児玉はモヤモヤを抱えてしまい、徐々に一人で練習するようになってしまう。リーダーの阿部は児玉の代わりにダンス面を引っ張ろうと奮闘するも、このままではいけないと再度ミーティング。練習日数残り2日というところで、やっとまとまることができていた。

[グループバトル]SHINee♫Your Number – 1組 Performance No Cut Ver.|PRODUCE 101 JAPAN SEASON2

 一方の2組もまた、壁にぶち当たる。このチームは歌やダンスの未経験者が4名。ダンス経験のある松田と安積夢大で練習を引っ張るが、ダンスの難易度が高いこともありなかなか振り入れが終わらない。リーダーの森井は一切振りについていけないことが負い目になっていたのか、リーダーとしての役割が出来ずにいた。そんな中行なわれたダンスレッスンでは、チームのまとまりがないことをKENZOから指摘される。KENZOの提案で緊急ミーティングを行ない、初めてそれぞれが胸中を吐き出した。結果、全員が意見を言えるようになり、大きく雰囲気が変わる。それぞれの良さを全面に押し出したパフォーマンスを披露し、勝利したのは2組という結果に終わった。

[グループバトル]SHINee♫Your Number – 2組 Performance No Cut Ver.|PRODUCE 101 JAPAN SEASON2

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる