新しい地図の3人が切り拓いた、『ななにー』でのボーダーレスな世界 チョコプラらとの楽しい7.2時間

新しい地図の3人が切り拓いた、『ななにー』でのボーダーレスな世界 チョコプラらとの楽しい7.2時間

 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾による月に一度の7.2時間生放送番組『7.2 新しい別の窓』(ABEMA、以下『ななにー』)。36回目を数える今回は、1都3県の緊急事態宣言再延長で、まだまだ先の見えないコロナ禍の気分を、明るく照らしてくれるような笑いの絶えない内容となった。

 『ななにー』が始まって3年、3人を取り巻く環境は大きく変化してきた。特に今年になってからは、それぞれドラマに舞台にと忙しい日々を過ごしており、3人が揃う場所はこの『ななにー』のみ。その貴重な時間を、視聴者と生放送でつながることができるのも『ななにー』の魅力だ。まさにNAKAMAにとって「ホーム」とも呼べる場所となっている。その安心感は、3人のリラックスした余裕ある対応からも感じることができる。

 実は今回、オープニングは草なぎと香取2人のみで登場していた。稲垣が渋谷区の成人式に出席していたことから、遅刻しているというのだ。だが「本番5分前にはスタジオに間に合っていた」という稲垣。タブレットを用いてリモートでつなぐのも、成人式会場から急いで駆けつけたライブ感を出すための遊び心あふれる演出だった。スタジオ入りした稲垣の手には、「稲垣リモート用」と書かれたタブレットが。SNSデビューした3年前を思い返すと、よりツールや仕組みを使って「遊ぶ」という感覚がぴったりになってきた。

ななにー

 「一緒に遊びましょう」番組が始まった当初、彼らがよく言葉にしていたことを思い出す。だが、最近ではそうした言葉を出さなくても、ここは彼らにとって「唯一無二の遊び場」という認識がゲストにも浸透してきたように感じる。

 いつも共演者やスタッフの名前をなかなか覚えられないという草なぎに、香取がゲストのチョコレートプラネットのそれぞれの名前がわかるかどうかと振ってみせる場面も。すると、草なぎは松尾駿のことを「林さん?」、長田庄平のことを「上田さん?」と期待以上の珍回答をしてみせる。かと思えば、草なぎだけではなく稲垣も、松尾は正解するも、長田のことを「カジさん?」とイメージで命名してしまう。

 そうして稲垣が矢面に立っているすきに、今度はこっそりスマホで2人の名前を検索し始めるTHE自由人な草なぎの姿も。「わかった」と言わんばかりにニコニコしながら「マツオさんと、ナガタさん!」と言ってみせるも、残念ながら「長田」は「オサダ」と読むのが正解。ということで「ちゃんと検索して!」と香取からツッコまれてしまい、ふたたび笑いがこぼれた。

ななにー

 もしかしたら失礼とも言われかねない状況。だが、この『ななにー』というホームの中において、ファミリーとして招かれたという距離感と考えれば、むしろかしこまらないそんなやりとりこそが温かく感じられるものだ。チョコレートプラネットの持ち込み企画「スーパーマウスホーンチャレンジ」でも、そんなやり取りを感じることができた。

 長田が発明した「スーパーマウスホーン」は少しの息で大きな音が出るお笑いアイテム。足つぼマットやケツバットなど、バラエティのリアクション芸でおなじみのアイテムを前に、いかに音を出さないでやり過ごせるか、というのが趣旨のチャレンジだ。だが、球状の部分を口に含むことから、3人は音が出る出ない以前に「よだれが出る」と苦笑い。

ななにー

 スーパーマウスホーンをグッズとしても店頭販売していることから、チョコレートプラネットとしては「そんなことない!」と反論。それでも「よだれ出るよ」「出ません」「気分も悪くなってきた(笑)」「なりません!」と押し問答していく様子も、遠慮がなくて微笑ましい。

 もちろん、チョコレートプラネットの持ち込み企画に対して、3人も全力で応えるからこそより信頼関係は深まっていくというもの。なかでも、低周波治療器&スネにお玉をコンコンされる稲垣を見て、香取は「この番組が始まって、一番頑張った吾郎ちゃん。いや、ここ30年見てて一番頑張ったかも」と、大笑いしていたのも印象的だった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる