日向坂46 松田好花、ついに『日向坂で会いましょう』復活 “放送作家視点”活かした活躍に期待

 日向坂46の二期生・松田好花が、約3カ月ぶりに『日向坂で会いましょう』(テレビ東京)に復帰した。昨年9月に病気治療の専念のために活動休止していた松田だが、12月に開催された無観客配信ライブ『ひなくり2020 ~おばけホテルと22人のサンタクロース~』の出演を皮切りに徐々に活動を再開しており、残すは同番組のみとなっていた。

日向坂46 『ひなたざか』(TYPE-B)
日向坂46 『ひなたざか』(TYPE-B)

 松田は、開口一番「待たせたな!」と春日の決めセリフで登場。穏やかな笑顔を浮かべつつ目にはうっすらと涙が溜まっていた。しかし、感傷的になりすぎないところがこの番組のいいところ。特に松田とオードリーが絡んでいる姿を微笑ましく見守るメンバーの姿が印象的だ。その構図がグループのすべてを物語っているようにも思える。まるでバレンタインのプレゼントのような復帰挨拶となった。

 同放送ではバレンタイン企画として「妄想キュンキュン朗読会」を実施。これは“私がチョコを渡すなら…”をテーマにメンバーの理想のシチュエーションを発表するというもので、松田は見届け人としてコメントを担当。しばらく休養していたことから“リハビリ”をしたいようだ。一方バラエティ慣れしているメンバーたちはこの日も活躍。男役・齊藤京子と演技派・渡邉美穂による朗読ではゲラな齊藤に釣られてスタジオも爆笑。また、影山優佳と髙橋未来虹の朗読では、影山の演技に一所懸命についていこうとする髙橋の姿が頼もしかった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる