GENERATIONS「雨のち晴れ」で歌う“踏み出すことの大切さ” カップリングでも際立つ数原&片寄のボーカル

 GENERATIONS from EXILE TRIBEの2021年初のシングル『雨のち晴れ』が2月10日にリリースされた。

GENERATIONS from EXILE TRIBE『雨のち晴れ』

 表題曲「雨のち晴れ」は、放送中の土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(テレビ朝日系)の主題歌として書き下ろされた楽曲。昨年の彼らを象徴する楽曲「You & I」はスケールの大きいEDMポップだったが、「雨のち晴れ」はドラマの世界観にも合わせてより受け手に近い目線が描かれており、穏やかで温かいサウンドと力強く前向きな詞が聴き手に優しく響く。そしてボーカル・片寄涼太の歌い出しから全編に渡って歌声を引き立たせるようなサウンド作りがなされており、その歌唱表現によって詞の持つメッセージ性を力強く伝えている。つまり、直球のJ-POPである。

 空模様をモチーフにした表現物というのは数えきれないほど存在するが、自らの特異性ゆえに心を閉ざしていた主人公の成長を描くドラマに沿って作られた「雨のち晴れ」において特徴的なのは、外界へ一歩踏み出すことがなければ〈雨〉も〈晴れ〉も味わえない、ということが示される点。〈雨のち晴れの未来〉ーーつまり外の世界は、晴れの日ばかりではなく、思わぬ時に雨が降る。ただし、そんな時でも〈確かなことは君が在ること〉と、自分自身を慈しみ、信じることの大切さもこの曲では歌われている。目と目が合って手と手を繋ぐように、彼らの音楽を受け取る人々へ向けて、前向きな力を手渡してくれるような1曲だ。

GENERATIONS from EXILE TRIBE / 雨のち晴れ (Music Video)

 カップリングの「A wish for you -キミを願う夜-」は、作曲が☆Taku Takahashi(m-flo)とMinami(CREAM)、作詞がEIGO(ONEly Inc.) という、2019年にリリースされた「One in a Million -奇跡の夜に-」(アルバム『SHONEN CHRONICLE』)の制作陣が再集結した楽曲。「雨のち晴れ」の雨上がりの自然光を思わせるような柔らかい音色から一転、もはや“☆Taku Takahashiサウンド”と言っても過言ではない、ファンタジックで煌めくような音色が散りばめられたポップチューンである。