Mouse On Mars、新アルバム『AAI』リリース 日本盤には未発表のボーナストラック収録

Mouse On Mars『AAI』リリース

 Mouse On Mars(マウス・オン・マーズ)が、2月26日に新作アルバム『AAI』をリリースする。

 Mouse On Marsは2011年よりドイツのベルリンを拠点とした、ヤン・エスティー(St.)・ヴァーナーとアンディ・トーマの電子音楽デュオ(以前はヤンはケルン、アンディはデュッセルドルフを拠点としていた)。1993年の結成以来、実験性とポップさを持ち合わせた、刺激的なエレクトリックサウンドを追求してきた。

 2018年の『ディメンショナル・ピープル』以来、約3年振りとなる新作アルバムは、AI(人工知能)技術を大胆に導入し、アルバムタイトルそのものが『AAI(Anarchic Artificial Intelligence)』となった。

 ライブではドラム&ボーカルとを務めるドド・ンキシがドラム・パーカッションで復帰(前作には未参加)、作家・学者・(英語)教授であるボストン大学アフリカン・アメリカン学部長、ルイス・チュデ=ソキの言葉や声を大々的にフィーチャーし、コンピュータ・プログラマー集団(AI技術集団のBirds on MarsのNicolas Gorges、Yağmur Uçkunkaya, Florian Dohmannの3人と、元SoundcloudプログラマーのRany KeddoとDerek Tingle)と共にサウンドを創り上げた。

 ヤンとアンディは、Birds on Mars、ラニー・ケド、デレク・ティングルと共同で、スピーチをモデリングすることができる特注のソフトウェアを制作。ルイス・チュデ=ソキやヤムア・ウツコンカヤのテキストや声を入力し、シンセサイザーのようにコントロールして演奏できるようにした。ナレーションとして聞こえるものも実際はAIが話している場合もあるという。

 アートワークは、電子アートとビジュアルデザインのためのプログラミング言語・Processing(プロセシング)の開発者であるケイシー・リースが担当している。ICCでも展示を行っているケイシーはMouse On Marsの二人が参加したザ・ナショナルの2017年作『Sleep Well Beast』収録曲の4曲のMVの監督をしている。ケイシーはザ・ナショナル結成前のScott Devendorf、Matt Berningerとバンドも組んでいた。

 マスタリングは、Nils Frahmの2020年の『All Encores』や2018年の『All Melody』、Penguin Cafeの2019年の『Handfuls Of Night』等のErased Tapes作品のマスタリングも手掛けているZino Mikorey(Zino Mikorey Mastering)が担当している。

 なお、日本盤のみ完全未発表のボーナストラック1曲が収録される。 

Mouse On Mars『AAI』
Mouse On Mars『AAI』

■リリース情報
Mouse On Mars『AAI』
マウス・オン・マーズ『AAI(Anarchic Artificial Intelligence)』
iTunes、Apple Music

「The Latent Space」(~2月25日)
Spotify
「Artificial Authentic」(~2月25日)
Spotify
『AAI』(2月26日~)
Spotify
YouTube Music:
「The Latent Space」
「Artificial Authentic」
企画番号:THRILL-JP 53 / HEADZ 250(原盤番号:THRILL 537)
価格:2,100円 + 税
発売日:2021年2月26日(金)※(海外発売:2021年2月26日)
フォーマット:CD / Digital(デジタル配信も同時リリース)
バーコード:4582561393624
<収録曲>
 1. Engineering Systems     00:22
     エンジニアリング・システムズ
 2. The Latent Space     06:26 ※2020年10月29日リリースの海外での1stシングル(配信のみ)
     ザ・レイタント・スペース
 3. Speech And Ambulation     07:06
     スピーチ・アンド・アムビュレイション   
 4. Thousand To One     05:31
     サウザンド・トゥ・ワン
 5. Walking And Talking     06:19
     ウォーキング・アンド・トーキング
 6. Youmachine     04:08
     ユーマシーン 
 7. Doublekeyrock     02:25
     ダブルキーロック 
 8. Machine Rights     01:42
     マシーン・ライツ
 9. Go Tick     04:20
     ゴー・ティク
10. The Fear Of Machines     01:43
     ザ・フィア・オブ・マシーンズ
11. Artificial Authentic     03:35 ※2021年1月13日リリースの海外での2ndシングル(配信のみ)
     アーティフィシャル・オーセンティク
12. Machine Perspective     00:43
     マシーン・パースペクティヴ
13. Cut That Fishernet     05:31
     カッツ・ザット・フィッシャーネット
14. Tools Use Tools     00:31
      トゥールズ・ユーズ・トゥールズ
15. Loose Tools     01:02
     ルース・トゥールズ
16. Seven Months     02:31
     セヴン・マンスス 
17. Paymig     00:47
     ペイミグ
18. Borrow Signs     01:50
     バロウ・サインズ
19. New Definitions     04:15
     ニュー・ディフィニションズ
20. New Life Always Announces Itself Through Sound     01:16
     ニュー・ライフ・オールウェイズ・アナウンシズ・イットセルフ・スルー・サウンド
21. How Will They Talk     05:54
     ハウ・ウィル・ゼイ・トーク

※ Track 21 …日本盤のみのボーナス・トラック
◎ 全世界同時発売
◎ 日本盤のみ完全未発表のボーナス・トラック1曲収録

Andi Toma – Instruments, Electronics, Production
Jan St. Werner – Instruments, Electronics, Production
Dodo NKishi – Drums & Percussion
Louis Chude-Sokei – Text & Voice
Yağmur Uçkunkaya – Voice
Tunde Alibaba – Percussion
Drumno – Drums
Eric D. Clarke – Loose Tool 
Nicolas Gorges, Yağmur Uçkunkaya, Florian Dohmann, Rany Keddo, Derek Tingle – AI
Zino Mikorey – Mastering(Zino Mikorey Mastering)
Kitaro Beeh – Vinyl Cut
Casey Reas – Computer Graphics
Rupert Smyth Studio – Art Direction 
Paraverse Studios Berlin 2020

公式サイト
『AAI』リリースページ



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「リリース情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる