Little Glee Monster、家入レオ、Da-iCE……ボーカルからサウンドまで豊かな表現力を楽しみたい 新譜からピックアップ

 Little Glee Monsterの初のベストアルバム『GRADATI∞N』、北川悦吏子が作詞、川上洋平([Alexandros])が作曲を手掛けた家入レオの新曲「空と青」、第六感をコンセプトにしたDa-iCEのニューアルバム『SiX』など5作品をピックアップ。シンガー、ダンス&ボーカルグループ、ロックバンドの表現力豊かな新作をじっくりと楽しんで。

Little Glee Monster『GRADATI∞N』
Little Glee Monster『GRADATI∞N』(通常盤)

 Little Glee Monsterがキャリア初のベストアルバム『GRADATI∞N』をリリース。DISC1「Sing 2020」には、既存曲をメンバー5人で新たにレコーディングした16曲を収録。「放課後ハイファイブ」「青春フォトグラフ」「好きだ。」「My Best Friend」などのシングル曲を中心に、現在進行形のリトグリを堪能できる。「Groovy Best」(DISC2)はタイトル通り、豊かなグルーヴに溢れた楽曲が中心。代表曲「世界はあなたに笑いかけている」、Earth, Wind & Fireとのコラボ曲「I Feel The Light featuring Earth, Wind & Fire」、新曲「Waves」など、ソウル、ファンク、R&B、ディスコなどをアップデートさせた楽曲を楽しめる。そしてDISC3の「Harmony Best」には、「明日へ」「Love Yourself」「Dear My Friend feat. Pentatonix」など、メンバーのハーモニーをたっぷり味わる楽曲で構成。リトグリの軌跡と音楽的な多様性を改めて実感してほしい。

Little Glee Monster 『SPIN』Music Video
家入レオ『空と青』(通常盤)
家入レオ『空と青』(通常盤)

 今年2月でデビュー10年目に突入する家入レオのニューシングル「空と青」(ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』/日本テレビ系主題歌)は、北川悦吏子が作詞、川上洋平([Alexandros])が作曲を手掛けたミディアムチューン。繊細なピアノの旋律と〈君が笑うと 嬉しいから〉というフレーズではじまり、かけがえのない“君”への思いを綴ったこの曲は、仲良し母娘を主人公にしたドラマに寄り添いながら、普遍的なラブソングへと昇華されている。ドラマティックに展開するメロディ、愛の本質を描いた歌詞を家入は、シンガーとしての我を抑えーーすべての言葉を聞き手に手渡すようにーー歌う。しっかりと抑制を効かせたボーカルからは、彼女の歌がさらに深みを増していることが伝わってくる。

家入レオ – 「空と青」(Full Ver.)
Da-iCE『SiX』
Da-iCE『SiX』

 「DREAMIN’ ON」(TVアニメ『ONE PIECE』フジテレビ系主題歌)、「CITRUS」(ドラマ『極主夫道』日本テレビ系主題歌)など音楽で“五感”を体感する連続リリースシングル5曲を収めたニューアルバム『SiX』は、“第六感”をテーマにした作品。5人全員がボーカルを取る「Time is Life」「Melody」に加え、内澤崇仁(androp)、田邊駿一(BLUE ENCOUNT)の提供曲(「Love song」、「Revolver」)、メンバー自身が制作に参加した楽曲も収録され、ギターロック、EDM、ヒップホップ、バラードなど、多彩な音楽性が楽しめる作品に仕上がっている。美しい高音と繊細な感情表現が特徴の花村想太、エモーショナルな歌声が印象的な大野雄大のボーカリゼーションもさらに向上。ダンス&ボーカルグループとして着実に進化を続けているようだ。

Da-iCE / New Album「SiX」全曲試聴ダイジェストMOVIE(ライナーノーツ付き)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる