Snow Man 岩本照×向井康二から伝わる兄弟感 微笑ましいやりとりも見どころの“いわこじ”コンビ

 とはいえ、向井が甘えっぱなしではなく、岩本の可愛らしい一面もきちんと把握しているのがこのコンビのいいところだ。『Myojo』2020年12月号の10000字インタビューで向井は「強さだけじゃない、最近は弱さを見せてくるようになって、よけいに愛おしい。グループの意見や提案をスタッフさんに伝えてくれるんだけど、もちろん全てが通るわけじゃない。そんな時、“俺はこう思うんだけどな”ってちょっと凹んでる」と語っていた。Snow Manに加入するまでは関西ジャニーズJr.の年長者として後輩たちを取りまとめてきただけあり、岩本の弱さも優しく受け止めているのである。

 そしてパフォーマンスではシンメのようなポジションでダンスをすることもあり、日に日に2人のダンスが似てきているようにも感じる。実際向井も「自然と照くんのダンスに寄せてる自分がいる」、「てる兄のダンスを真似してたら、自然と上手くなっちゃった(笑)」と語っていたことがあるほどだ。

 優しく包み込みつつ、時に可愛らしい一面も見せる岩本、甘え上手でありながらも、関西で培ってきた視野の広さも見せる向井。一見共通点がなさそうだが実は通じ合っている2人が、切磋琢磨しながら成長していく姿をこれからも見届けていきたい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる