花譜の音楽的同位体“可不(KAFU)”、煮ル果実が手掛けた初オリジナル楽曲「ナイトルール」公開

花譜の音楽的同位体“可不(KAFU)”、煮ル果実が手掛けた初オリジナル楽曲「ナイトルール」公開

 バーチャルシンガー 花譜の音楽的同位体として音声創作ソフトウェア「CeVIO AI」とのコラボレーションによって誕生した“可不(KAFU)”が、初のオリジナル楽曲「ナイトルール」を公開する。

 ボカロPの煮ル果実が作詞作曲を手がけた同楽曲は、本日12月25日19時30分から放送のKAMITSUBAKI STUDIOによる番組『花達と椿と君。』にて発表後、このあと20時45分に煮ル果実YouTubeチャンネルでプレミア配信される。

 「ナイトルール」は、終わらない夜と闇ばかりで溢れる世界から抜け出すことをテーマに、寂しさとあたたかさが共存する歌声が、誰かの心に残るようにとの想いが込められた楽曲。なお、今後も“可不(KAFU)”のオリジナル楽曲は、毎月公開されていく予定だ。

■関連リンク
<可不(KAFU)>
音楽的同位体「可不(KAFU)」YouTube
音楽的同位体「可不(KAFU)」Twitter

<煮ル果実 >
公式サイト
オフィシャルチャンネル
公式 Twitter

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「リリース情報」の最新記事

もっとみる