BTS JIN×JUNG KOOKの最年長&最年少コンビ 肩肘張らず、互いを真っ直ぐに受け入れる空気

 BTSが、今の季節にピッタリなYouTube動画をアップした。公式チャンネルBANGTANTVにて公開されたその動画は、米ビルボードトップ100で1位に輝いたヒット曲「Dynamite」のホリデーリミックスバージョン。12月10日にアップされた動画は、公開1週間で975万回視聴を突破。その勢いは、まだまだ止まらない。

BTS (방탄소년단) Sing ‘Dynamite’ with me (Holiday Remix)

 キラキラと輝くイルミネーションにクリスマスツリー。所狭しと敷き詰められたギフトに囲まれてメンバーが登場する。療養中のSUGAをのぞいた6人は、JINとRM、J-HOPEとV、JIMINとJUNG KOOKの2人×3組に分かれ、自撮りを披露しながら歌い始める。

『BE (Deluxe Edition)』
『BE (Deluxe Edition)』

 ドラムを叩くようにリズムを取りながら歌い出したJUNG KOOK。その様子をカメラに収めていたJIMINがタイミングよくJUNG KOOKの胸をトントンとノックすると、JUNG KOOKも合わせて自分の胸をドラミングしてみせる。続いて、JINとRMがカメラに向かってリズミカルに身体をシェイキング。

 そしてベストアングルを探るようにVが様々な角度からJ-HOPEを激写し、その期待に応えようとJ-HOPEもキメキメのポージングをしてみせる。そんな彼らののびのびとした姿を見ていると、おそらく、この3組で自撮りをするということ以外は自由にアドリブを楽しんでいるのではないかと思えてくる。

 指を指したり、手でキラキラさせて相手を輝かせたり、カメラを激しく揺らしてみたり……厳しい訓練が伺える高難易度のダンスを披露する一方で、こうしたラフで無邪気な様子を自然と楽しむことができるのもBTSならでは。次第に、そのノリは激しくなり、気づけば分かれていたはずの3組がドッキング。

 なかでも、目につくのは中央でJINの肩を後ろから掴んで話さないJUNG KOOKの姿だ。肩を掴んだまま横に揺れ、JUNG KOOKの手は次第にJINの両手首へと向かい、両手を空高く突き上げてバンザイでフィニッシュ!

 当初の2人1組設定を飛び越えて、気づけば吸い寄せられるようにくっついてしまうJINとJUNG KOOK。それは、決してこの動画内だけではないことをARMY(ファン)は知っている。この2人の仲睦まじい様子は、「グクジン」「ジングク」と呼ばれ、多くのARMYが愛でてきた風景だ。

 JINとJUNG KOOKは、BTS内の長男と末っ子(マンネ)の関係だ。年齢を重んじた礼儀作法が根付いている韓国では、長年苦楽をともにしたアイドルグループの中でも、年上のメンバーには敬語を使うことは当然のこととされている。だからこそ、最年長と最年少でありながら遠慮のないコミュニケーションが成立しているJINとJUNG KOOKの様子は、特別な関係であることを感じさせるのだ。

 お互いの手をはたき合い、頭をぶつけて、さらに首を叩き合って、最後に蹴り合ってみせる、2人ならではのハンドシェイク。その様子は、兄弟のようでもあり、幼なじみのようであり、戦友のようでもあり、そして親子のようにも見えてくる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる