ハロプロ、次世代担う新メンバー分析連載 第3回:モーニング娘。’20。 北川莉央、岡村ほまれ、山﨑愛生

ハロプロ新メンバー連載:モーニング娘。'20

 2019~2020年にかけて、ハロー!プロジェクトの各グループに新しいメンバーが相次いで加入した。次世代を担う彼女たちのキャラクターを紹介/分析することでハロプロの未来について考える一助になればと思い、全3回の短期集中連載をお送りする。

 最終回はモーニング娘。’20。2019年に北川莉央、岡村ほまれ、山﨑愛生が加入した。

北川莉央(きたがわ りお)

北川莉央
北川莉央

 20年以上の歴史を誇るモーニング娘。の第15期メンバーとして加入した3人の少女。そのうちのひとりが、現在16歳・高校2年生の北川だ。加入発表動画での自己紹介では、「歌が大好きで得意なので、たくさん歌割りをもらいたい」と抱負を述べていた。

【再配信】ようこそ!モーニング娘。’19 新メンバーお披露目特番!

 加入してから現在まで約1年半だが、たしかに北川の歌唱力が光る瞬間はそのあいだにいくつも見られてきた。それが特に顕著だったのは、今年の夏に開催されたツアー『Hello! Project 2020 Summer COVERS ~The Ballad~』でのJ-POP曲カバー。以下のダイジェスト動画の3:09~ではJUJUの「やさしさで溢れるように」を歌っているのだが、他のハロプロメンバーに引けを取らない歌いっぷりだ。

『Hello! Project 2020 Summer COVERS ~The Ballad~』Digest(B team)

 歌は加入前から少し習っていたという北川だが、ダンスは未経験。娘。の他のメンバーの証言によると、なんとその場ジャンプすらできないほどの未熟さだったという。そこを同グループメンバーの石田亜佑美がちゃんと基礎から教えて、今では普通にパフォーマンスをこなせるまでになった。モーニング娘。の新曲MVやライブ映像などを見れば、その成長具合は明らかだ。

 娘。15期メンバーは、3人とも今年2020年にソロ写真集をリリースしている。北川の『First Time』が一番最後に出たのだが、他の2人との大きな違いは水着ショットに挑戦していること。好評なようで、写真集は発売からわずか1週間で重版がかかったという。

 さらに、11月16日発売の『ヤングマガジン』(講談社)では、同グループの牧野真莉愛とのペアで表紙・巻頭グラビアに登場。アイドル仕事の花形のひとつであるグラビア撮影、今後の北川が活躍しそうなジャンルだ。

 北川の印象としては、一見ルックスは清楚でおとなしそうな雰囲気なのだが、いい意味でガツガツしているというか、アイドル人生を謳歌してやるぞという意気込みがそこかしこに感じられる。その美貌とも相まって、将来、グループ内においてかなりの人気メンバーに成長するのではないだろうか。

岡村ほまれ(おかむら ほまれ)

岡村ほまれ
岡村ほまれ

 現在15歳・中学3年生の岡村は、北川と同じく東京都出身。6歳からタップダンスとバレエを習っていたというダンス経験者だ。たしかに岡村のダンスはキビキビとしており、観ていて心地よい。ファーストビジュアルフォトブック『Homare』の撮影の合間に踊ったという以下の動画を観れば、その魅力の一端がうかがい知れるだろう。

モーニング娘。’20岡村ほまれ《オフショット》好きな先輩踊ってみた

 岡村を語る上で欠かせないキーワードとしては、「お肉好き」などもあるが、本稿では「優勝」と「フライング」を挙げたい。前者は、正確には「ほまたん優勝」というキーワードでファンの間によく知られている。2019年12月19日公開のYouTube動画において、15期3人が「KOKORO&KARADA」のMVを観終わったあと、北川が「生田さんは(このMVを観て)『ほまたん優勝ー!』って絶対言う!」と発言(6:20~)。そしてその後日の収録だと思われるが、同月24日公開の、今度はメンバー全員が同MVを観る動画では、鑑賞後の生田が「ほまたん優勝してたもん」と発言し(5:19~)、予想が見事的中したことに由来する。おそらく、楽屋などで普段から生田が何度もそう言っていたことから北川が予測したのだろう。

モーニング娘。’19《15期メンバーでMV鑑賞会》KOKORO&KARADA
モーニング娘。’19《みんなでMV鑑賞会》KOKORO&KARADA

 これを面白がったファンが、Twitter上などで「#ほまたん優勝」というハッシュタグをよく使うようになり、岡村の可愛さを示す用語となった。このタグが定着したということは、岡村の可愛いシチュエーションがその後も頻発していることの逆説的な証明でもある。

 「ほまたん(ほまちゃん)フライング」も、二度同じことが起こって定着した。一度目は、2019年12月5日に国立代々木競技場第一体育館で行われた『モーニング娘。’19コンサートツアー秋 ~KOKORO&KARADA~ FINAL』での1シーン。MC中に会場の広さを使って、15期の3人(と、なぜか同じ場所にいた横山玲奈の4人)がダッシュ競争を始めた。そのスタート時に岡村が、焦ったのかフライング気味に走り出してしまったのだ。

 二度目は、同年12月31日の中野サンプラザでの年越しライブ『Hello! Project COUNTDOWN PARTY 2019 ~GOOD BYE & HELLO!~』。出演者全員で童謡の「お正月」を歌うシーンがあったのだが、その歌い出しを岡村がひとり先走って「もう~♪(いくつ寝ると~)」とフライングしてしまった。この短期間での二度のフライングは、岡村の「おっちょこちょい」な一面を印象づけることになったが、それは同時に「可愛さ」を喚起させるものであり、アイドルとしては長所に転じるものだろう。これは天性のものと思える。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる