句潤が語る、GREEN ASSASSIN DOLLARとのタッグ “ラップが入ってこそ完成されるトラック”を基準にした最新作へのこだわり

句潤が語る、GREEN ASSASSIN DOLLARとのタッグ “ラップが入ってこそ完成されるトラック”を基準にした最新作へのこだわり

「GADのトラックを聴いてるとビジョンが浮かんでくる」

ーー個人的には、タイトル曲の「風呼ぶカモメ」が白眉でした。ソウルフルなイントロにスムースなトラック、情景が浮かぶリリック。今年一のGADのベストワークスかもしれません。

句潤:GADと初めて一緒に作った曲なので思い入れが強いですね。トラックを聴いていて、ビジョンが浮かんできたんです。

ーー具体的にどういったものですか?

句潤:カモメが横浜から羽ばたいて、色んな所を旅する……そういう情景ですね。この曲に限らずなんですけど、GADのトラックを聴いてるとビジョンが浮かんでくるんです。

句潤

ーーなるほど。本作では「風呼ぶカモメ」の他にも〈カモメ〉というワードが度々出てきますよね。

句潤:カモメのように自由でありたいというか、自分にとって旅立ちの象徴なんです。音楽をやっている以上、世界で活躍したいという思いもありますが、まずは日本から、そして横浜から自分の名前を広めていきたいという気持ちを羽ばたくカモメに重ねています。

句潤 – 風呼ぶカモメ [Official Music Video]

ーーあとは、「WordのSword」も面白い楽曲でした。アンビエントの要素があって、無機質なのにどこか温かみがあって心地良い。GADの新境地というか、非常に難しいトラックに挑戦していますよね。

句潤:意外とサクっと作れたんですが、確かにこのトラックを選ぶ人ってあまりいないかもしれないですね。でもGADのトラックを選ぶにあたって、他のアーティストが選ぶようなものでやってもつまらないというか。哀愁感のあるビートは他の人がやった方がかっこいいと思うし、自分の場合、逆にこういうものを選んでやったら面白いんじゃないかって。

ーー「My Way」では句潤さんが所属するバンドMEATERSのメンバーでもあるKILLA NAMIさんと、RudeBwoy Faceさんを客演に迎えていますね。この二人を客演に迎えることになったきっかけは? 

句潤:KILLA NAMIは元々RudeBwoyさんのバックで出ていて、(RudeBwoyを)企画にも呼んだりしてたんです。そのKILLA NAMIの企画で、RudeBwoyさんと一緒に曲をやったことがあったので、今度は自分の曲で一緒にやれたらと思っていました。コロナの影響もあって、RudeBwoyさんがジャマイカから日本になかなか帰国できなくなってしまったので、かなり制作には時間が掛かりましたね。

ーーRudeBwoyさんが加わったこともあって、本作の中では「横浜感」の強い曲ですよね。

句潤:確かにGADのトラックで横浜感が出るのは珍しいかもしれないです。KILLA NAMIのトークボックスとRudeBwoyさんの横浜スタイルのレゲエと自分のラップが加わって、自分らにしか作れない曲に仕上がったと思います。

句潤

ーー「メインディッシュ(Scratch by DJ TAKEFUNK)」のスクラッチもかっこよかったです。

句潤:実はこれ、元々はまったく別のトラックで作った曲なんです。owlsのアルバムを聴いたらトラックがかぶってることがデモ収録直前に判明して。GADに相談したら新たにビートが送られてきたんです。アルバムの流れにハマらなかったら俺としては駄目だったし、「どうしよう」って思ったけど、アカペラを送ってみたら見事にGADが新しいビートにハメてくれて。「こいつは天才だな」って。そんな思い出深い曲です。

ーーそうなんですね。これは今挙げた楽曲からも感じたのですが、句潤さんはビートによっていろんなフロウをみせていく方ですよね。例えば先日リリースされたDA-Dee-MiXの「INCENSE (feat. 句潤)」でもまた違った印象を受けました。ただ、一方でリリックでは強いポジティビティが貫かれている。哀愁があるGADさんのトラックに乗るリリックとしては、新鮮に感じられました。

DA-Dee-MiX “INCENSE” ft.句潤

句潤:リリックは直感で書いていて、フロウもその時のビートに合わせてハメています。ただ、だからといって自分の考え方が変わることはないし、内容はブレることはないですね。落ち込まないタイプだからネガティブなことは書かないなんですよ。やっぱり「ヤバい」と思わせる音楽、人を幸せにする音楽がやりたいんですよね。

ーー本作には名前を広めていくという意志も込められているとのことでしたが、今後ラッパーとしてどういう方向性を目指していきたいですか。

句潤:うーん……方向性というより、ラッパーはずっと死ぬまでやってたいので、早く死なないようにですかね(笑)。もう3rdアルバムも動いてて、今回のアルバムとは違うテイストにはなると思うので、楽しみにしていてほしいです。

句潤

■リリース情報
『風呼ぶカモメ』
11月25日(水)
¥2,000 + 税
<収録内容>
1.INTROLL
2.飛矢
3.Color
4.メインディッシュ (Scratch by DJ TAKEFUNK)
5.Notes&Moneys feat. D.D.S
6.風呼ぶカモメ
7.SKIT~リモートワーク With ナイスパニック P
8.Word の Sword
9.Good より Better
10.My Way feat. RudeBwoy Face, KillaNami
11.Kick&Push
12.Bad ときっとを Spit
13.OUTROLL

句潤公式Twitter
句潤公式Instagram

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる