BALLISTIK BOYZ 砂田将宏、貪欲に成長する最年少メンバー 留学・サッカーなど多彩な経験と上品な色気纏ったパフォーマンス

BALLISTIK BOYZ 砂田将宏、貪欲に成長する最年少メンバー 留学・サッカーなど多彩な経験と上品な色気纏ったパフォーマンス

 2019年5月22日、メンバー全員がマイクを持ち、アクロバティックなパフォーマンスを繰り広げる7マイク・フリースタイルグループ、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE(以下、BALLISTIK BOYZ)がメジャーデビューを果たした。メンバーは、2017年に開催された『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 5 ~夢を持った若者達へ~』のボーカル部門ファイナリストである日髙竜太、加納嘉将、ラップ部門のファイナリストである松井利樹、海沼流星。そして、2013年に開催されたオーディション『GLOBAL JAPAN CHALLENGE』に合格し、次世代アーティストを育成する「PROJECT TARO」の一員として3年間のニューヨーク留学を経験した深堀未来、砂田将宏、奥田力也。メンバー全員が歌、ダンス、アクロバットを武器としており、Jr.EXILEの先輩達も脅威に感じたというほどハイスペックな7人の素顔とは? BALLISTIK BOYZのメンバー一人ひとりに焦点を当てる本連載の第7回目は、最年少・砂田将宏について紹介していく。

砂田将宏

 砂田将宏は、2000年5月17日生まれで大阪府出身。小学1年生の時、2つ上の姉の影響でEXPG STUDIO大阪校に通うようになり、そこから本格的にダンスを始めたという砂田。通い始めた当初は先にやっていたサッカーの優先度が高かったが、徐々にダンスも好きになって両立するようになったそうだ(参照:モデルプレス)。するとめきめきとダンスの腕を上げ、9歳の時、キッズダンサーとして『EXILE LIVE TOUR 2009 “THE MONSTER”』のステージに立ったのを皮切りにEXILEのツアーに参加するように。2009年には、EXILEが発表した「Someday(こどもバージョン)」MVにも、TAKAHIRO役の藤原樹(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)と共に、ATSUSHI役として出演している。

EXILE / Someday (こどもバージョン)

 その一方で、小学6年生の時には、スペインとポルトガルで1カ月のサッカー留学を経験。「サッカー留学のメインはポルトガルで、ベンフィカのエリートクラスの練習に参加しました」「ベンフィカでは入団テストも兼ねていて、中学生になるタイミングでチームに加入するところまで決まっていたんです」(引用:サッカーキング)と語るほど、サッカーのレベルもかなり高く、キッズダンサー時代もサッカーの試合を理由にライブ出演を断ることがあったそうだ。しかし、どちらも本気だからこそ、サッカーとダンスをこのまま両立していくことが難しいと感じた砂田は、どちらの道に進むか選択を迫られる。その結果、EXILEのドームツアーに参加する中で「サッカー選手になって1試合で10得点決めるより、ステージの上で何万人もの歓声を浴びてみたいと思った」(引用:サッカーキング)ことが決め手となり、ダンス1本に絞ることとなった。

 そして、以前から海外で活躍したいと考えていた砂田は、2013年に開催されたオーディション『GLOBAL JAPAN CHALLENGE』に挑戦。見事合格すると、現メンバーの深堀や奥田と共に次世代アーティストを育成する「PROJECT TARO」の一員として渡米。3年半に渡る留学生活ではニューヨークやロサンゼルスを拠点に、本場のダンスや歌、演技など、エンターテインメントに関わることを貪欲に学んでいった。2017年に帰国した彼は、その実力が認められ、LDHの先輩である5人組ヒップホップユニット・DOBERMAN INFINITYと、EXILE HIROが手がける新グループのメンバーに選出。武者修行の後、2019年にBALLISTIK BOYZとして鮮烈なデビューを果たした。

 ダンスに関しては、意外にも、EXPGに入校する前に習っていたタップダンスが始まり。だが、小学1年生で「EXPG STUDIOに入ってからヒップホップや振付レッスンを始めました」(引用:BALLISTIK BOYZが語る、EXILE TRIBEの一員としての覚悟 「新しい時代をリードしていく」)と語っており、EXPG STUDIO大阪校の仲間だった奥田と同様に、Jr.EXILEを体現する存在となっている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる