宇野実彩子(AAA)×山田裕貴が明かす、赤裸々な恋愛観 「別れた直後の女性の心はそんなに綺麗なものじゃない」

宇野実彩子×山田裕貴、赤裸々な恋愛観

「“価値観が合わない”って言われるのが、僕は苦手」(山田)

山田裕貴
――他にも印象的なシーンはありますか?

山田:もちろん喧嘩のシーンも印象的だったんですけど、距離感が近いシーンは普通にドキドキしましたね。後ろからツンツンってちょっかい出してみたりとか(笑)。台本には書いてないけど仲の良い素敵なカップルに見えて欲しかったので、一緒に歯磨きをするシーンでは単に横並びだと普通だから、後ろにいる宇野さんが僕の頭に顎を乗せた状態で撮影したいんですけどいいですか? ってリクエストしました。

宇野:あれ楽しいからカップルにやって欲しいです!

山田:そのふたりの姿を鏡で見ているのがいいんですよね。

宇野:名前あればいいですよね。「壁ドン」みたいな。

山田:え~なんだろう。

宇野:「アゴのせ歯ブラシ」みたいな?

山田:そのまんま(笑)。

――〈「覚悟できてない」って今更よく言えたね〉〈「一緒に生きてほしい」嬉しかったな…馬鹿みたい私〉など、具体的な言葉が入ることによって物語がよりリアルになっていると思いました。どんなことを思い浮かべながら、歌詞を書きましたか?

宇野:自分の中の人物像というか、“最低な君”の最低なところと最高なところ、あとはなぜ主人公の私がこんなにも彼を愛してしまったか、愛していたのになぜ終わりに向かってしまったかを最初に書き出しました。やっぱりここまで最低って言い切れるのは、最高に愛したからだと思うんですよね。不安が積み重なって自分から手放してしまった恋でもあるから、そのリアルな気持ちを出すには相手から言われた言葉を具体的に想定して書かなきゃいけないなと。だけど苦しくて、何度も書くことをやめそうになりました。

――女性目線から見ると〈「覚悟できてない」って今更よく言えたね〉といったフレーズなど、共感できる歌詞が多かったのですが、山田さんは男性の立場から主人公の女性に反論したい箇所はありましたか?

山田:僕は特殊かもしれないですけど、経験上女性の方に対して「覚悟できてない」と思うことが多かったですね。リアルな話にはなるんですけど、そんな簡単にお付き合いって始まらないじゃないですか。こういう仕事をしていたら特にそれ相応の覚悟でいくわけですよ。もちろん互いの生活の中で気持ちが変化していくのは仕方ないけど、その都度話し合えばいいと思います。価値観なんかみんな違って当たり前ですよね。だから「価値観が合わない」って言われるのが、僕は苦手です。すごく赤裸々になっちゃいましたけど……(笑)。僕は相手に歩み寄ろうという覚悟はあるので、この曲に共感できるっていうことです。

宇野:覚悟できてる男子だ(笑)。

――他にも〈履歴も消したし フォローも外して〉という今時の恋愛観を反映している箇所もありましたが、宇野さんが10代~20代のライフスタイルや恋愛観について知るために実践していることがあれば教えてください。

宇野:ファンの方は年齢とか生活環境もバラバラなんですが、私はできる限り自分の曲を聴いてくれる方たちがどんな生活をしているかを知りたいなと思っています。だからライブに来てくださった方のことはよく見るようにしていますし、コミュニケーションを取れるようにしてきました。ただ今は直接会えない時期が続いているので、自粛期間中にはオフィシャルサロンを立ち上げたんです。そこでコアなファンの方と密に繋がるようにして、どんな服を着てるの? どういう曲が好きなの? って質問しながらまるでLINEをするようにやり取りをして。そうやってファンの方を身近に感じたり、YouTubeをはじめ若い子たちがハマっているものをキャッチすることによって、できるだけ共感できるような曲が作れるように努力はしていますね。

宇野実彩子(AAA)

――今回の楽曲に登場するふたりは結局別れを選択してしまいましたが、このような結果にならないためにカップルへアドバイスするとしたら、どんなことを話しますか?

宇野:あの喧嘩の場面を撮影している時に、私は台詞で「なんで私の気持ちをわかってくれないの?」と言ってたんですよ。だから、なるべく気持ちを溜めないこと。たとえ忙しくても話を聞いてくれる姿勢を彼にも持ってほしいけど、彼女も不満が山積みになる前に少しずつ話して、すぐ解決できるレベルのことからふたりで話し合っていく。そういった作業を怠らないことですかね。

山田:僕もそう思います。だってお互いに好きなわけじゃないですか。話し合う時間が苦しくても、ふたりで問題を乗り越えるためには、逃げるんじゃなくてちゃんと話し合ったり、向き合ったりする必要があると思う。日々忙しいかもしれないけど、一旦落ち着いて「よっしゃ、話し合おうぜ」って時間を取る。そうやって互いに気持ちを言い合えたら、良い関係になれるんじゃないかな。

――歌詞だけではなく、宇野さんの歌声もとても繊細でした。歌入れにおける苦労点はありましたか?

宇野:これまでもたくさんレコーディングはしてきたんですが、実は今回の曲で初めてやり直したんです。繊細なバラードを作りたかったからこそ、自分が納得いくまでやりたくて。今は世界的に日々色々なことが起きて、音楽の聴き方やエンターテインメントの楽しみ方も変わっていく中で、自分の気持ちを後悔なく伝えるためにはどうしたらいいか。別れた直後の泣き疲れて声にもならないような気持ちを歌でどう表現するか。2回目のレコーディングはMVを撮り終わった後だったので、映像を見ながら一度蓋した気持ちをこじ開けるようにこの曲と向き合いました。

――今回完成したMVの映像を見て、純粋に作品として感じたことを教えてください。

山田:きっと人を好きになった経験がない人なんていないじゃないですか。だから今回の楽曲やPVは誰もが感じたことのある悲しみや苦しみに寄り添えるものだと思うんですよ。こんなことあったなって多くの人が共感できる。そんな作品に参加させてもらって嬉しいし、たくさんの方に届けばいいなと思います! 僕も家でYouTubeから絶対見ちゃいますもん(笑)。

宇野:新型コロナウイルスの影響で撮影にも色々と制限がかかっている中、本当にたくさんの方から力を借りて完成できた作品なので、改めて感謝したいと思いました。また、今回の楽曲は私にとっても大きな挑戦となるバラードだったので、すごく言葉を選んで自分と向き合いながらレコーディングにも挑んだんですよね。そんな楽曲を、素晴らしいストーリーで表現していただけて本当に感激です。この映像を観て、大切な人を思い出したり過去の失恋を乗り越えるきっかけになったらいいなと思います!

e705323d132b3f400629d20ede379e8c
b4_3254
b4_3477
b4_3209
b4_3554
previous arrow
next arrow
e705323d132b3f400629d20ede379e8c
b4_3254
b4_3477
b4_3209
b4_3554
previous arrow
next arrow

■リリース情報
デジタルシングル「最低な君にさっきフラれました」
2020年11月4日(水)発売

楽曲はコチラ
MVはコチラ

宇野実彩子公式サイト

<衣装クレジット(山田裕貴)>
ニットブルゾン ¥63,000 TOMORROWLAND
シャツ ¥22,000 TOMORROWLAND PILGRIM
パンツ ¥28,000 TOMORROWLAND tricot
問い合わせ先:TOMORROWLAND(0120-983-522)

シューズ ¥67,000 ADIEU
ネックレス 131,000 ALL BLUES
問い合わせ先:EDSTRÖM OFFICE(03-6427-5901)
※そのほかスタイリスト私物

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる