宇野実彩子(AAA)×山田裕貴が明かす、赤裸々な恋愛観 「別れた直後の女性の心はそんなに綺麗なものじゃない」

宇野実彩子(AAA)×山田裕貴が明かす、赤裸々な恋愛観 「別れた直後の女性の心はそんなに綺麗なものじゃない」

 11月4日、宇野実彩子(AAA)がソロ配信シングル「最低な君にさっきフラれました」をリリースする。同曲は失恋した直後の女性が抱く、リアルな本音を歌ったラブバラード。ふたりの男女が出逢い、そして別れを選択するまでの物語を女性目線で描いている。

宇野実彩子 (AAA) / 最低な君にさっきフラれました

 また、今作のMVを手がけるのは日本アカデミー賞受賞経験を持つ藤井道人監督。宇野演じる主人公の彼氏役には俳優・山田裕貴を迎え、出逢いから別れを逆再生で遡るドラマ仕立ての映像に仕上がっている。10月中旬には都内某所で宇野と山田の合同取材が行われた。撮影の裏側や互いの印象、楽曲にちなみ自身の恋愛にまつわる体験談などを語った。(清水莉子)

「人生史上一番壮絶な喧嘩だった」(宇野)

宇野実彩子(AAA)
宇野実彩子(AAA)

――まずは今回の配信シングルについての紹介や、完成してみての手応えを教えてください。

宇野実彩子(以下、宇野):今回の楽曲では、振られた直後の傷ついた乙女心や別れたてほやほやの気持ちを、言葉を選ばず本音を吐き出すような形で表現しました。これまでになく切ない、心をえぐられるようなラブバラードができたなと思っています。

――そもそもラブバラードを歌おうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

宇野:ファンの方から届く声を拾っている中で、皆さんは特に私のラブソングやバラードを好きでいてくれているなという印象がありました。そういった中で2021年1月から始まるツアーに向けて楽曲制作を行なっているんですけど、会場で歌った時にみんなの心が切なくなるようなバラードを作りたいなと思ったんです。それに、やっぱり女性はたとえハッピーな時でもバラードで酔いしれたい時もあるじゃないですか。だからみんながいつでも酔いしれられる曲、かつ飾った言葉じゃないからこそ共感するバラードを作りたくて今回の歌詞を書き始めました。

――歌詞に出てくる生々しい描写がとても印象的でした。

宇野:女性が過去の恋愛について表現をする時って、思い出すに連れて綺麗な言葉になっていくと思うんですよね。だけど、別れた直後の女性の心はそんなに綺麗なものじゃなくて、ものすごく心が痛くて毒が混じっている。そういった人間味のある言葉や本音を歌詞にするのはとても難しかったです。

――今回MVは宇野さんの方から、WEBドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』(2018年、ABEMA)でご一緒した藤井道人監督にオファーしたことで実現したとのことですが、オファーの理由や監督に期待したことを教えてください。

宇野:ドラマでご一緒させていただいた時に、藤井監督はどこか儚くて、だけど同時に人間味のある温かさを感じるような映像を作る方だという印象がありました。今回の曲をMVで表現するにあたり、綺麗な部分だけではなく人間の表と裏を絶妙に表現したいと思っていたので、藤井監督が手がけて下さったらきっと一つのアートワークとしても素敵なものになりそうだなと。それに私は藤井監督と同い年で共感できるものが多いだろうなと思いましたし、私にとって一つの挑戦でもあるこの作品を0から一緒に作っていきたいという理由からお願いさせていただきました。

山田裕貴
山田裕貴

――山田さんはオファーを受けた時にどう感じられましたか?

山田裕貴(以下、山田):以前から宇野さんのことはAAAで知っていましたし、僕が出演するドラマの主題歌を歌ってくださったこともあったので、すごく嬉しかったです。また、僕自身MVに出るのも久々で、しかも男女のリアルなドラマだと聞いていたので、自分の恋愛なども思い返しながら撮影に参加できたらいいなと思いました。

――宇野さんから山田さんへの印象はいかがでしたか?

宇野:出演作を見させていただくと山田さんは色々な役をこなしていて、すごく柔軟な方だと思っていました。だから私にとっての“最高であり最低な彼氏”を演じてもらう方は山田さんだなと。実際にお会いしたらとても気さくな方で、私は割と人見知りなんですけど、すごく話しやすかったです! 撮影は2日間でしたけど、これで終わるのがもったいないなと思うくらい(笑)。撮影中も楽しくお話しさせていただいて、すごく素敵な時間でした。

――山田さんは実際に宇野さんとお会いして、印象はいかがでしたか?

山田:最初のカットが始まる前に宇野さんがすごく緊張されていて、思わず「え、どうしよう」って思いました(笑)。てっきりこういったドラマ仕立てのMVにはよく出演されていると思っていたので……。実はドラマ仕立てで、かつ台詞があるMVは珍しいみたいで、これは俳優としてリードしなければいけないぞ! と。でも撮影がスタートすると実際はそんな心配もなく、宇野さんが自然な空気感を作ってくださったおかげで、すごく演じやすかったです。

山田裕貴、宇野実彩子(AAA)

――今回の映像はふたりの出逢いから別れを逆再生で遡る形で進んでいきます。そのような形にしたのはどんな理由からでしょうか。

宇野:これは監督との話し合いで決めたんですが、幸せそうなふたりの絵を「実はこのふたり別れちゃうんだよな」ってわかった上で見るとすごく悲しくなるんです。逆再生にすることによって物語がより切なくなって、反対に幸せも引き立てることができると思いました。

――特におふたりが喧嘩をするシリアスな場面が印象的でしたが、その辺りの演技プランは監督から直接指示があったのか、それともおふたりで話し合いながらやっていったのか、どういった形で作っていきましたか?

宇野:あの喧嘩のシーンは本当に壮絶でした。監督から用意されたのは設定だけだったので、実際にどうやって関係性が壊れていくのかは私たちも演じてみないとわからないという状態で。あらかじめ喧嘩する時はああだよね、こうだよねと監督を含めて3人で相談しながら撮影に臨みました。でも別れるってことだけは決まっていたので、始まったら相手の空気を感じながら別れに乗っかっていかなくちゃいけない。リアルだからこそ心が苦しくて、でも終わらせなきゃというあの喧嘩のシーンは忘れられないですね。

――それでは、アドリブのシーンも多かったんですね。

山田:ほぼ全部ですね(笑)。15分間くらいカメラを回しっぱなしで。セッションみたいでした。急に熱がガーッと上がったり、リアルなトーンで喧嘩していたので、芝居だとはあまり思わなかったです。設定だけ背負って、あとはもう自然に相手から出てくる言葉をよく聞いて演技したという感じで。

宇野:4回くらい撮り直して、リアルな喧嘩をしましたね。あれは人生史上一番壮絶な喧嘩だったかもしれない(笑)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる