嵐、アルバム『This is 嵐』徹底レビュー:濃密な3年間を凝縮、最後まで貫いた“攻め”の姿勢

 前作『「untitled」』から約3年ぶりとなる嵐の新アルバム『This is 嵐』。本稿では、アルバム3形態(初回限定盤DVD、初回限定盤Blu-ray、通常盤)に共通して収められているDISC1に収録された11曲をひとつずつ見ていきたい。

1.「SHOW TIME」

 軽やかにスタートするアルバム1曲目。グラスやドレス、ヒールといったちょっとオトナなワードが登場するシックな装いをまとった歌詞、そして上品さもありつつ弾けるようなパーティー感を漂わせるこのR&B系のサウンドは、2000年代以降のJ-POPシーンに携わるAKIRAと、Jazzin’parkの2人による共作。キミとの“ショータイム”が華麗に幕を開ける。

2.「Turning Up」

 今作の発売からちょうど1年前にリリースされた嵐にとって初の配信シングル。近年の嵐はSNSアカウントの開設やサブスク解禁など、デジタル領域へと積極的に進出してきた。海外プロデューサーとのコラボレーションも増え、海の向こうへ果敢にアピールしている。〈世界中に放て〉と歌うこの曲は、そうした彼らの“外へ開かれた”活動を象徴しているかのようだ。

ARASHI – Turning Up [Official Music Video]

3.「I Can’t Wait For Christmas」

 時期的にもちょうどいいクリスマスソング。イントロの裏乗りハンドクラップや、祝祭的なコーラスの入れ方、サビでの三連をはじめとした全体的に存在感のあるピアノの演奏など、アレンジはゴスペル風。加えて、ベルの音や豪華なホーンセクションの存在も重なり、サウンドは完全にクリスマス仕様。冬の新しいスタンダードになりそうな一曲だ。

4.「Whenever You Call」

 舞台は一転して都会の高層ビルがそびえ立つ広大な夜景へ。ブルーノ・マーズが作曲とプロデュースに参加した全編英語詞の意欲作。「君がどこにいたって呼んでくれたらいつだって駆け付けるよ」という歌のメッセージと、アナログシンセの大胆な導入による温もりのあるサウンドが美しく調和している。日米のスターがタッグを組んだ極上のミディアムバラードだ。

ARASHI – Whenever You Call [Official Music Video]

5.「いつか秒針のあう頃」

 アルバムの中盤でひっそりとはじまるこの曲は、陰と陽で言えば“陰”側の一曲。ダークでミステリアス、リズムは重く、ボーカルにはリバーブがふんだんに凝らされている。それはまるで真夜中に夢の中を彷徨っているかのようだ。作曲にはOne Directionなど名だたるアーティストに楽曲提供するラミ・ヤコブの名がクレジット。

6.「IN THE SUMMER」

 同じくラミ・ヤコブがプロデュースした7月リリースの配信シングル。こちらは打って変わって明るく朗らかな雰囲気が漂う。エレクトロニックな音像はトロピカルで、歌詞は開放的。タイトル通りのサマーチューンである。

ARASHI – IN THE SUMMER [Official Music Video]

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる