SixTONES、“臙脂の布”は犬夜叉とリンク? 天下無双の様相感じさせる「NEW ERA」MVの魅力

 SixTONESの3枚目のシングル表題曲「NEW ERA」のYouTube Ver.のMVが10月20日に公開された。公開から3日で再生回数210万回を超えており、注目度の高さが伺える。今回はMVの内容を振り返りつつ新曲の魅力を考察したい。

SixTONES – NEW ERA (Music Video) – [YouTube Ver.]

“臙脂の布”に込められた意図はいかに

SixTONES
SixTONES

 関東近郊の海岸と荒野で撮影されたという今回のMV。CGを駆使し近未来的な世界観を打ち出していた前作シングル曲の「NAVIGATOR」からガラリと趣を変え、リアルかつクールなイメージに仕上がった。「NEW ERA」には「仲間と一緒に駆け抜けよう」というテーマが込められており、6人の個性が生かされた疾走感溢れるエモーショナルなラウドロックとなっている。

 冒頭の海辺に立てられた無数の臙脂(えんじ)の布がはためく中に佇むメンバー。海岸と荒野のシーンが交錯し、無国籍な空間で現代と過去、未来と時空を超えているかのような不思議な感覚にとらわれる。

 「NEW ERA」は文字通り「新時代」を表しているが、はためくの無数の布はSixTONESがこれから進むべき道を指し示す狼煙のようにも見て取れ、まさに天下無双の様相を感じさせる。

 「NEW ERA」は、アニメ『犬夜叉』の続編『半妖の夜叉姫』(日本テレビ系)のオープニングテーマで、とMVで使用された臙脂の布はどうやら作品にちなんだものではないかと言われている。

 公式Twitterでも、「#風を受ける臙脂の布」にメンバー名を続けたハッシュタグを入れて、MV公開前からメンバー全員のソロティーザー動画を発信。ファンの間では「旗じゃなくて布なのはなぜ?」と話題になっていたが、犬夜叉が着ている火鼠の衣の色が臙脂であることから、“「旗」ではなく「布」と表現しリンクさせているのでは?”という考察で盛り上がった。

 アニメ上では、この火鼠の衣は、“燃え盛る火の中に放り込んでも決して燃えない「下手な鎧より強い」衣”とされており、6人で切り開いていく新時代に相応しい演出であるのかもしれない。

あえてシンプルな衣装で際立つセクシーさ

 今回公開されたMVの衣装は全員が黒を着用。あえてシンプルな衣装にしたことで臙脂の布やバックの波や海岸線と空、崖などの対比が美しい映像に。また空間を生かしたカメラワークで独特の世界観を表現しており、その際にもこのシンプルな衣装がメンバー個々のパフォーマンスをより際立たせているように思う。また後半の波打ち際でのパフォーマンスも見どころのひとつ。水の上でのパフォーマンスは「Imitation Rain」を彷彿とさせるが「NEW ERA」では波の動きも相まってより力強さを感じるイメージだ。

 公開を機にオフィシャルサイトでは、ファンがMVの好きなシーンを切り取ってツイートすると、その再生時間がハッシュタグとして自動生成される「#SixTONESと同じ時代刻もう」というユニークな企画がスタート。何度もMVを視聴するファンならではの視点で、ともすれば見逃してしまいそうな一瞬も細やかにチェック。Twitter上で共有することで新たな楽しみ方をもたらしている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる