Kis-My-Ft2、King & Prince……ジャニーズ各グループが配信ライブで見せた工夫 形を変えて動き始めた“ライブ”という時間

 2020年秋は、配信ライブの季節になりそうだ。10月はことさらに忙しい。

 ライブで忙しい、という感覚は、ずいぶん懐かしいような気がする。どうにか調整する仕事、なかなか変わらない信号、片付かない家事……。間に合わないかもしれないというハラハラ感さえ、幸せに感じる。

Kis-My-Ft2

 10月3日〜4日に東京ドームで開催されたKis-My-Ft2のライブを皮切りに、King & Princeは10月9日~11日の3days5公演を完走。13日にはENDRECHERIも配信ライブを行った。

 22日~25日にはSnow Manがデビュー後初のツアーを4days9公演、29日~31日にはSexy Zoneが3days5公演を予定している。

 有料コンテンツにつき詳細なネタバレは差し控えるが、本稿ではKis-My-Ft2(以下、キスマイ)、King & Princeの生配信ライブを振り返り、それぞれが見せた工夫や、配信ライブならではの楽しみを探っていく。

ファンも一緒に連れていくーー「配信ならでは」を貫いたキスマイ

 東京ドーム初の無観客生配信ライブを行ったキスマイは、初日、2日目と、セットリストが異なるライブを開催。さらにライブ内のワンコーナーで歌う曲について、本番直前までファン投票を行った。

 2日間、異なるライブを見せ、ファンが「今」聴きたいと選んだ曲を届ける。それは、並大抵のことではない。ライブを開催するにあたり、相当な準備をしてきたはずだ。

 1日しか視聴できないファンの存在を、置き去りにするような彼らではない。それでもキスマイは、配信だからこそできることを模索し、「一度きり」のライブ感を貫いた。

 MC中には、ライブ配信画面のチャット機能を開放。メンバーらは自然と2組に分かれてタブレットを覗き込み、絶え間なく届くファンからのメッセージに見入っていた。

 アンコールでは、隣接する東京ドームホテルの屋上から歌を届けた。通常のライブでは、まず不可能な演出。ファンをドームに残して、できるはずがないからだ。

 だからキスマイは、ファンを一緒に連れていった。配信ライブであるからこそ叶った、夜空の下のひととき。10年後もずっと、と歌うあの曲を、誓うような時間だった。

 デビューのまさにその瞬間から、いくつもの時間をファンと共有してきた彼ら。昨年行った令和初のドーム公演も、今回ドームから行った配信ライブも、初めての景色はいつも、ファンと一緒だった。

 東京ドームを抜け出し、初めて一緒に見上げたあの夜空。彼らもファンも、きっと忘れることはないだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる