元GO!GO!7188 ユウ擁するバンド YAYYAY、ユニークな楽器編成となった経緯とは? 歌詞の世界観についても語る

元GO!GO!7188 ユウ擁するバンド YAYYAY、ユニークな楽器編成となった経緯とは? 歌詞の世界観についても語る

 またひとつユニークなバンドが誕生した。YAYYAYである。メンバーは、GO!GO!7188解散後はチリヌルヲワカを率いているユウ(Vo/Gt)、様々なバンドに参加しアーティストのサポートで名前を見ることも多い須原杏(Vn)と林田順平(Vc)、この3人に声をかけたのが札幌を拠点に幅広い音楽活動をしておりShizuka Kanata名義でソロ作を発表している田中一志(Arr/Prg/Mix)だ。

 記念すべき第1作『I’m Here』は、ユニークな楽器編成を生かし想像の上をいく個性的なサウンドと表情豊かなユウのボーカルが溶け合って、不思議なポップワールドを展開する。4人の馴れ初めから作品完成まで、Zoomを通じてのリラックスしたインタビューでたっぷり話してもらった。(今井智子)

“すごいミュージシャン”として紹介された須原杏と林田順平

ーーボーカル、ギター、バイオリンにチェロ、そして打ち込みとユニークな編成ですが、そもそもどのように4人が集まったのですか? 田中さんとユウさんは以前からのお知り合いだそうですが。

田中:ユウちゃんがGO!GO!7188のメンバーだったときに出したソロアルバム『てんのみかく』で、僕が「蜜月」と「小豆」のアレンジとサウンドプロデュースをさせていただいて。その時からのおつきあいですね。

ーー『てんのみかく』に関わったのは?

田中:当時GO!GO!7188のプロデューサーだった人が北海道出身で僕と一緒にいろいろやっていて。その彼の紹介ですね。その後に、僕がShizuka Kanata名義でソロアルバム『Divine Hokkaido』(2013年)を出した際にユウちゃんに参加してもらって。それからは、一緒に遊びに行ったりしてます。北海道のお父さんみたいな存在かな(笑)。

ユウ:北海道旅行した時に案内してもらったりとか。

ーー林田さんと須原さんはどういった経緯で参加することになったんでしょう?

田中:二人が参加しているGen Peridots Quartetのライブで、僕がプロデュースしているsleepy.abの成山剛(Vo)と山内憲介(Gt)がやってるユニットが対バンして。そこで初めて二人の演奏を見たのですが、あまりに素晴らしいので声をかけて無理やりお友達になりました(笑)。

Gen Peridots Quartet – Freesia

須原:4、5年前ですね。

田中:ユウちゃんにボーカルで参加してもらった曲が入った僕のソロの音源を、初対面で無理やり杏ちゃんに渡したんですよ。そしたら、反応をくれて仲良くなれました。

須原:(笑)。すごくいいアルバムで、一志さんに長々と感想を送ったんですよ。

田中:コアなラップが入るような「Happy Ending」という曲だったんですけど、それを気に入ったからって自分のイベントで使わせて欲しいって連絡きて(笑)。それが、ユウちゃんが歌ってる曲だったんです。

ーー当時からイメージしていたサウンドや方向性があったんですか?

田中:こういう弦の人たちがいたら、自分が思い描いているサウンドが即できるなと思いましたね。僕は弦が大好きなんですけど、クラシックではなくてロックとかクラブ系の音楽で。例えば順平くんがチェロでループ的なフレーズを弾いてたのがすごくかっこよくて。それは自分の中でやりたい音楽の一つと感じたし、須原杏ちゃんのアグレッシブな演奏も音がスッと入ってきた。やられた! って感じでしたね。その後、いろんなレコーディングやライブを手伝ってもらったりして深まっていった感じですね。

ーーなるほど、4人がつながりましたね。

田中:このバンドは、もともとバンドとしてスタートしたのではなくて、ユウちゃんが僕のソロアルバムを手伝ってくれるという話になってから、レコーディングを進めていくうちに“僕のアルバム”というより、みんなの個性があって成り立っているアルバムになっていった。だったらバンドというかたちのほうがいいなと僕の方から提案して、みんなが乗ってくれたという感じです。

ーーみなさんの気持ちが一つになった瞬間があったんでしょうね。どのように制作に向かわれたんですか?

田中:僕が『てんのみかく』に関わらせてもらったときのアレンジは、弦の編成が入ったものだったんですよ。新しく作る曲も弦の入ったものをやりたいなと思っていて。ユウちゃんに「こういうすごい二人がいるんだよ」って話して、この編成になっていきました。

ユウ:一志さんからまたソロプロジェクトをやるんだって話を聞いて、ぜひ参加させてくださいよみたいな話をしてたんですけど、作詞作曲もこんなにガッツリやることになるとは想定してなかった(笑)。それは想定外だったけど、それならチリヌルヲワカではやらないような曲をやってみたいと思って。二人のことは、一志さんから「すごいミュージシャンに出会ったから、絶対ユウちゃんと一緒にやったら面白いことになる」って聞いていました。弦楽器を取り入れた曲は、昔のソロアルバム以来。レコーディングでそんなにガッツリやったことがなかったので、すごく楽しみにしてましたね。

田中:最初は僕が「ダイバダッタ」と「Bitter & Sweet」を書いてユウちゃんに渡して。ユウちゃんにも「曲作ってよ」ってお願いしました。

ユウ:最初の2曲はデモをもらってたんですけど、それには英語っぽい歌詞がついた一志さんの仮歌も入ってて。でも私が日本語での詞にガラッと変えたって感じですね。

YAYYAY – I’m Here Trailer

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる